FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

ウィケット・ウィストリ・ウォリック(Wicket Wystri Warrick)はイウォーク偵察兵で、戦士、そしてのちには森の月エンドアのブライト・ツリー村の統治者となった人物。ウィケットはアーファン・ウォリックのひ孫であり、ディージショードゥ・ウォリックの第三子である。ウィーチーウィドルという兄がおり、妹にはウィンダがいる。

ウィケットはまだとても若いころから、とても冒険に満ちた人生を送ってきていた。ウィケットとその友人たち、ティーボとプリンセス・ニーサは、タルガーの魔女モーラグデュロックたち、その他エンドア内部及び外部からやってきた安全を脅かすものたちから、自分たちの村や周辺の森を絶えず守っていた。サンスター銀河帝国の支配のためにドクター・レイガーによって狙われたとき、ウィケットはそれを守る過程でもう少しで銀河皇帝パルパティーンを殺してしまうところだった。

ウィケットはトワニ家がエンドアに不時着したときに、この一族を助け、その後サニーアサンに対する戦いではノア・ブリークァロンを支援した。また、ウィケットは反乱同盟軍エンドアの戦いで銀河帝国を打ち負かしたときに、同盟軍を助け大きな役割を果たした。ウィケットは同盟軍の兵士レイア・オーガナと森の中で遭遇し、イウォークの中で彼女と最初に仲良くなった。チャーパ村長が死んだあと、ウィケット・ウォリックと彼女の花嫁ニーサはブライト・ツリー村の統治者となる。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki