FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 

イース・コス(Eeth Koth)は衛星ナー・シャッダ出身のイリドニアン・ザブラクで、銀河共和国衰退期のジェダイ・マスターナブー危機以前からジェダイ最高評議会のメンバーを務めていた。クワイ=ガン・ジンジェダイ・テンプルアナキン・スカイウォーカー少年を連れてきた時、コスを含む評議会メンバーは少年にジェダイの訓練を受けさせるべきかどうかを判断した。分離主義危機の時代、コスは常にコルサントに留まったが、ジオノーシスの戦いでは約200名のジェダイと共に分離主義勢力と戦った。彼はLAAT/iガンシップの墜落で命を落としたと思われたが、任務に復帰して共和国グランド・アーミージェダイ将軍になった。

コスはヴェネター級スター・デストロイヤーステッドファスト>の司令官となったが、グリーヴァス将軍との戦いで艦を破壊され、分離主義者の捕虜になった。グリーヴァスがジェダイ評議会に連絡を取った際、コスは秘密のタップコードを使って自分のいる場所を伝えた。評議会はオビ=ワン・ケノービアナキン・スカイウォーカーアディ・ガリアらをサルーカマイに派遣し、コスを救出した。

登場エピソード

参考資料