FANDOM


類似した名称の記事はインペリアル・パレス(曖昧さ回避)を参照

インペリアル・パレス(Imperial palace)は惑星マラステアダグ評議会が拠点にしていた宮殿である。クローン戦争当時、ドージナカ・ウラスがこの宮殿に住んでいた。

特徴

マラステアインペリアル・パレスは巨大な円錐状の建物で、周囲に広がるマラステリアン燃料精製施設を見渡せるバルコニーや、スターファイターを複数収容可能なハンガーがあった。マラステアの戦いのさなか、ジェダイ・マスターメイス・ウィンドゥナイトアナキン・スカイウォーカーはインペリアル・パレスのバルコニーや会議室でドージナカ・ウラスと会談した。

歴史

クローン戦争中の21 BBY銀河共和国ダグの連合軍と分離主義勢力がインペリアル・パレスの周辺でマラステアの戦いを繰り広げた。大規模なバトル・ドロイド軍がパレスに向かって前進する中、共和国軍はYウイングの爆撃部隊を出撃させ、新型のエレクトロ=プロトン爆弾を投下した。爆弾の電磁パルスはパレスにまで及んだが、建物やそこにいた人々を傷つけることなく、敵のドロイドだけを効果的に機能停止させた。

登場エピソード

参考資料