FANDOM


インフェルノ分隊(Inferno Squad)は銀河帝国帝国宇宙軍に所属したエリートTIEファイター・パイロット部隊である。スカリフの戦いヤヴィンの戦いでの帝国の衝撃的な敗北を受けて組織された。銀河内戦中、インフェルノ分隊は指導者のソウ・ゲレラを失った過激反乱分子パルチザンへの潜入および破壊作戦を与えられる。エンドアの戦い当時、アイデン・ヴェルシオがインフェルノ分隊の指揮官を務めていた。

歴史

パルチザンへの潜入

Imp Special Forces Inferno Squad BFII

インフェルノ分隊

0 BBY銀河帝国スカリフの戦いデス・スター設計図共和国再建のための同盟に奪取され、その直後にはヤヴィンの戦いでデス・スター本体を破壊された。彼らはこの一連の大敗を受けて守勢に立たされる。対応策として、帝国宇宙軍はインフェルノ分隊と呼ばれるエリート兵士のチームを編成した。彼らに与えられた任務は、ソウ・ゲレラが指揮していた過激反乱分子パルチザンへ潜入し、これを壊滅することだった。ジェダでゲレラを失った後も、パルチザンは亡き指導者の方針を貫き、犠牲を顧みず帝国への妨害を続けていた。[1]

エンドアの戦い

4 ABY、インフェルノ分隊はエンドアの戦いに参加し、惑星エンドア森の月で同盟軍の兵士と戦った。戦闘中、インフェルノ分隊のコマンダーであるアイデン・ヴェルシオと部下たちは、エンドア上空の第2デス・スターが反乱同盟軍によって破壊されるのを地上から目撃した。[3]

制作の舞台裏

2017年2月17日スター・ウォーズ公式ウェブサイトクリスティー・ゴールデンによる新作小説『Inferno Squad』の発売がアナウンスされた。[1] 同年4月14日、EA Star Warsは翌日に「セレブレーション・オーランド」で開催されるゲーム『Star Wars バトルフロント II』のトークイベントに向けてTwitterに短い予告ビデオをアップした。この動画にはオーラベッシュのアルファベットで「Inferno Squad」という文字が映り、本作とインフェルノ分隊の関係性が示唆された。[5] 翌15日、インフェルノ分隊が本作のシングルプレイヤーモードのストーリーで活躍することが公式に明かされた。また、かねてよりアナウンスされていた新作小説のタイトルにもゲーム名が加えられ、『バトルフロント II:インフェルノ分隊』となった。

参考資料

脚注

帝国軍
司令部 ダース・シディアス - ダース・ヴェイダー - 帝国軍最高司令部 - 統合本部
帝国地上軍 帝国地上軍長官 - ストームトルーパー兵団 - 第501軍団 - 第224帝国軍機甲師団 (スワンプ・トルーパー) - ブリザード・フォース - 帝国軍地上クルー - 帝国軍コンバット・ドライバーAT-ATパイロット - AT-STドライバー - タンク・ドライバー
帝国宇宙軍 帝国宇宙軍長官 - 艦隊司令部 - 帝国軍スターファイター部隊 - TIEファイター・パイロット - 第7艦隊 - デス小艦隊 - 帝国宇宙軍トルーパーデス・スター・トルーパー) - 帝国軍兵器技術者
その他の組織 帝国情報部 - 帝国軍特殊部隊 - 帝国アカデミー - 帝国軍士官候補生 - 帝国軍衛生兵 - インフェルノ分隊
主なビークル AT-AT - AT-ACT - AT-DP - AT-DT - AT-ST - AT-MP - 614-AvA - 74-Z - TIE/D - TIE/ln - TIE/sa - TIE/sk - TIE/IN - TX-225 GAVw - アークワイテンズ級司令クルーザー - インペリアル級スター・デストロイヤー - エグゼクター級スター・ドレッドノート - クエーサー・ファイア級クルーザー=キャリアー - ゴザンティ級クルーザー - センチネル級着陸船 - ラムダ級T-4aシャトル - レイダー級コルベット - デス・スター - 第2デス・スター
ストームトルーパー インペリアル・ショック・トルーパー - サンドトルーパー - シャドウ・トルーパー - ジャンプトルーパー - ショアトルーパー - スカウト・トルーパー - スノートルーパー - デス・トルーパー - パトロール・ストームトルーパー - マグマ・トルーパー - ミンバン・ストームトルーパー - レンジ・トルーパー
[テンプレート]