FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

イモビライザー418クルーザー(Immobilizer 418 cruiser)、別名インターディクター級重クルーザー(Interdictor-class heavy cruiser)、インターディクター級中型フリゲート(Interdictor-class medium frigate)、インターディクター・ドレッドノート(Interdictor Dreadnaught)はサイナー・フリート・システムズ社が製造した全長600メートルクルーザーである。

イモビライザー418クルーザーは、ハイパースペースから宇宙船を引き戻したり、付近の宇宙船が光速へ逃れるのを阻止するために、重力井戸発生装置を搭載していた。この艦は標準的な重クルーザーの艦隊を基礎に設計されており、小型のスター・デストロイヤーのような外見をしていたが、船体についている大きな4つの球体で見分けがついた。この球体の中には、重力塊発射装置が内蔵されていた。

表記

復活』ではインモビライザーと表記されている。

参考資料

テンプレート:Sienar spaceship classes

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki