FANDOM


「ちょっと待った。こいつらはどう見ても家畜だ」
「つまり?」
「ここは牧場ってことだ」
ジェシーキックス[出典]

イオピー(Eopie)は砂漠惑星タトゥイーンに住んでいた草食の4足歩行クリーチャー。耐久力が極めて高く、タトゥイーンの住民はイオピーを乗り物や荷役動物として酷使していた。イオピーは惑星サルーカマイ衛星ザードッサ・スティックスにも生息していた。

生態と特徴

アウター・リム・テリトリー惑星タトゥイーンに生息したイオピーは、砂漠の環境に適応した4足歩行の草食クリーチャーである。イオピーはタフで簡単に飼い慣らすことができたが、気難しく頑固な一面もあった。イオピーの全高は1.75~2メートルほどで、淡い色の皮膚と柔軟な長い鼻を持ち、苛酷な砂漠地帯を確かな足取りで歩んだ。イオピーの子供は非常に弱く、捕食動物の標的になりやすかったため、彼らは20匹以上の群れを成して生活した。イオピーの平均寿命は90標準年だった。

歴史

タトゥイーンの住民は移動や荷物運搬用にイオピーを飼い慣らし、限界まで酷使していた。水分農場の男たちは貴重な水分を吸い上げる雑草を刈り取り、年老いたイオピーに与えた。

クローン戦争期、カット・ロクウェイン一家は惑星サルーカマイ農場でイオピーを飼育していた。ロクウェインのイオピーは広大な牧場で放し飼いにされ、数匹は納屋の中で飼育されていた。21 BBYに発生したサルーカマイの戦いのさなか、クローン・キャプテンレックスはロクウェインの牧場の敷地内でBXシリーズ・ドロイド・コマンドーに狙撃され、重傷を負う。レックスの部下のジェシーは周囲にいるイオピーが家畜であることに気づき、どこか近くにキャプテンを運び込める家があるはずだと判断した。[4]

クローン戦争中、惑星アバファーの植民地ポンズ・オーラにある食堂パワー・スライダーズでは、「イオピー・シチュー」という名のメニューが販売されていた。

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版