FANDOM


「ジェダイたちの払った尊い犠牲が、暗黒時代に終止符を打ち、平和と博愛に満ちた新たな黄金時代をもたらしたのだ」
レステリー・クイスト[出典]

アーミー・オブ・ライト光の軍隊[1]Army of Light)は、新シス戦争の末期にホスによって創設された、ジェダイの伝説的な軍隊である。シスの暗黒卿スケア・カーンが率いるブラザーフッド・オブ・ダークネスと戦った。多数のジェダイ・ナイトと、銀河系各地のジェダイ卿に忠実な兵士、そして政府のリーダーシップに幻滅した銀河共和国の軍人たちによって構成されていた。彼らは惑星ルーサンで繰り広げられた新シス戦争最後の戦役に辛くも勝利を収め、共和国の暗黒時代に終止符を打った。カーン卿とブラザーフッドが敗北した後、銀河元老院ジェダイ最高評議会ルーサンの改革を実施し、アーミー・オブ・ライトを効果的に解体した。

歴史

創設の背景

2000 BBY新シス帝国の台頭により、1,000も続く新シス戦争が始まった。銀河共和国ジェダイ・オーダーは、シス卿と分離主義派閥の攻撃に苦しめられる。シス軍はアウター・リム・テリトリーの覇権を握り、共和国の中心部であるコア・ワールドへと迫っていった。共和国は領域の支配力を失ったため、大胆なジェダイ・ナイトたちが戦場へ進出し、各星系宙域からシスを追い散らした。奪回した星系と宙域には世襲制のジェダイ卿が配属され、数世紀にわたって新シス帝国を退ける役目を担った。

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記と訳語は『スター・ウォーズ ジェダイの書 DXエディション』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki