FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

アーハル・ナーラ[1](Arhul Narra)は人間男性で、銀河内戦中に共和国再建のための同盟レネゲード小隊を指揮した中佐である。銀河帝国の誕生前、彼はクローン戦争にも参加した銀河共和国のベテラン兵士だった。ヤヴィンの戦い以降、ナーラは戦死したガーヴェン・ドレイスに代わりレッド中隊の指揮を執った。ナーラ中佐がデラIVの戦いで命を落とすと、ルーク・スカイウォーカーが隊長に昇格し、間もなくこの部隊は名高いローグ中隊へと再編成された。

参考資料

脚注

  1. セカンドネームの表記は『スター・ウォーズ・エンサイクロペディア』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki