FANDOM


「しっかりつかまってろよ!こいつは忘れられない旅になるぜ!」
―アーチャー・ベイル[出典]

アーチャー・ベイル[2](Archyr Beil)はヒューマノイド種族のエイリアン男性であり、クローン戦争の時代から銀河帝国の時代にかけて活動していた密輸業者である。彼はジュラが率いる密輸業者団の一員であり、<ドランク・ダンサー>のセキュリティー・チーフだった。オーダー66が発令された後、アーチャーたち<ドランク・ダンサー>の乗組員は、クローン・トルーパーの攻撃を生き延びたジェダイたちとともに行動した。

経歴

ジェダイの生存者

アーチャー・ベイルは、6本の指をもつヒューマノイド種族だった。彼はジュラが率いる密輸業者団の一員であり、しばしば惑星マーカナトワイレックのギャング、キャッシュ・ギャルランのために働いていた。クローン戦争が終結した後、アーチャーたちはマーカナでオーダー66を生き延びたジェダイ・マスターローン・シュラインと、パダワンオリー・スターストーンモサックまで運ぶことになった。<ドランク・ダンサー>は、タイオン星団のはずれでふたりのジェダイを乗せたブルディ・ゲインの操縦するクロークシェイプと合流する。ジュラは自分がシュラインの母親であることを告白したが、これはシュラインはおろか、アーチャーたち乗組員も知らなかった事実だった。[1]

モサックに向かう途中、スターストーンの提案で、<ドランク・ダンサー>はオーダー66を生き残ったほかのジェダイと連絡を取ろうとした。彼らはデラルトからやってきた別のジェダイのグループとの接触に成功したが、帝国軍と戦うことになってしまう。ARC-170スターファイターの攻撃を逃れた後も、彼らはジャグアダで帝国の危険に遭遇した。それでもより多くのジェダイを救おうと願うスターストーンは、シュラインを除くジェダイ全員と、ジュラの手下フィリ・ビターズとともに、モサックで<ドランク・ダンサー>と別れた。一方、シュラインとジュラたちはキャッシュ・ギャルランから命じられていた仕事を始めた。[1]

帝国の時代

ギャルランがジュラたちに与えた仕事は、銀河帝国に反対する元老院議員ファング・ザーを、惑星オルデランから彼の故郷へと連れていくことだった。オルデランに到着した後、ジュラとゲイン、エイル・ディックスは<ドランク・ダンサー>に残り、アーチャー・ベイルはシュライン、スケック・ドラグルとともにザー議員を捜索した。オルデランの島の街オルデラでは、帝国に対するデモ活動が行われていた。人ごみによってザーとうまく接触ができず、スケックたちはオルデラ王宮への侵入を試みた。王宮に入るドア付近で、ベイル・オーガナが所有するドロイドR2-D2C-3POに遭遇したアーチャーたちは、ブラスターでこの2体を脅し、王宮へと入って行った。彼らはR2が見当違いの場所に自分たちを導いていることに気付いたが、王宮内で遭遇したブレハ・オーガナが侵入者警報を鳴らしてしまったため、彼らは逃げざるを得なかった。彼らはなんとかザーを発見し、ジュラの待つ<ドランク・ダンサー>へと向かっていった。しかし、ザーを捕まえるためにオルデランを訪れていたシスの暗黒卿かつ皇帝の右腕、ダース・ヴェイダーが現れた。シュラインがヴェイダーに対処したが、結局ザー議員は殺され、ジュラも傷を負ってしまった。[1]

その後、シュラインはスターストーンたちと再び合流する決心をきめ、<ドランク・ダンサー>のメンバーも、スターストーンのいるキャッシークに向かうことになった。キャッシークは帝国による制圧攻撃の真っただ中であり、スケックとアーチャーは戦闘中のカチーホの街へと着陸船を降ろした。カチーホにはクローン・トルーパーウーキー族の死体が散乱していた。ジェダイのグループも、ダース・ヴェイダーとの戦いで犠牲者を出していた。シュラインはひとりでヴェイダーと戦い、スターストーンは生き残りとともに、駆け付けたアーチャーたちの着陸船や輸送船に乗り込んだ。彼らはできる限りのウーキーや商人も宇宙船に乗せることにする。着陸船に乗るアーチャーはスケックに操縦を任せ副パイロットの席に座り、もう一方の輸送船は、ウーキーのチューバッカが操縦することになった。ヴィクトリー級スター・デストロイヤー軌道爆撃を行う中、彼らは飛翔する。フィリ・ビターズはキャッシーク軌道にあった旧独立星系連合レキューザント級サポート・デストロイヤードロイド脳を操作し、ハイパースペース・ジャンプを阻害している帝国のディテイナーCC-2200を破壊した。彼らは脱出に成功し、安全な星系へと去っていった。[1]

登場作品

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 出典:暗黒卿ダース・ヴェイダー
  2. カタカナ表記は『暗黒卿ダース・ヴェイダー』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki