FANDOM


「ターキンの後継者のグランドモフ・アーダス・ケインは、ペンタスター連合という同盟を設立して、アウター・リムの大部分を支配した」
新共和国の歴史文書より[出典]

アーダス・ケイン[1](Ardus Kaine)は人間男性で、銀河帝国グランドモフ皇帝パルパティーン後、ペンタスター連合を設立し、軍将として独立した。惑星サーティネイニアン出身のケインは、帝国体制の樹立のために尽力し、ニュー・オーダー保護委員会の設立に携わった。ヤヴィンの戦いウィルハフ・ターキンが死んだ後、ケインはその跡を継いでオーバーセクター・アウターのグランドモフになり、アウター・リムの広域を支配することになった。4 ABY、帝国はエンドアの戦い反乱同盟に敗北を喫したが、ケインはこれを自らが統治する新帝国形成の好機と捉えた。彼は旗艦エグゼクター級スター・ドレッドノートリーパー>に軍人や企業の代表者を集め、ペンタスター会談と呼ばれる会議を開いた。その結果、数百の惑星を包括するペンタスター連合が誕生することになった。

グランドモフ・ケインの小帝国は、反乱同盟の後継政府、新共和国とほとんど争うことなく孤立を続けた。ケインは、帝国の軍将どうしの争いから逃れて来たオクタヴィアン・グラント大提督をペンタスター連合に迎え入れている。ケインの連合は、スローン大提督が指揮した9 ABY軍事作戦には本格的に参加しなかったものの、復活した皇帝パルパティーンのもとで帝国が再編成され、10 ABYシャドウ・ハンド作戦が始まると、孤立を中断して新共和国との戦いに参戦することになった。しかし、ケインは仲間だったグラント大提督に騙され、パランヒ星系で新共和国の待ち伏せに遭ってあえなく命を落とした。ケインの死後、彼の遺産であるペンタスター連合と旗艦<リーパー>は、ギラッド・ペレオン提督率いるインペリアル・レムナントの傘下に加わった。

経歴

Wiki-shrinkable このキャラクター記事は書きかけです。是非記事を編集してください。

制作の舞台裏

スター・ウォーズ・エンサイクロペディア』ではアーダス・カインというカタカナ表記が使われている。

登場作品

  • SWAJsmall "Blaze of Glory"―Star Wars Adventure Journal 8 (言及のみ)

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。