FANDOM


「やっと来たか、スター・デストロイヤー!」
「いいえ、これは軽クルーザーよ。スター・デストロイヤーはこの6倍大きい」
マート・マティンサビーヌ・レン[出典]

アークワイテンズ級司令クルーザー(Arquitens-class command cruiser)は帝国軍軽クルーザー(Imperial light cruiser)とも呼ばれた銀河帝国軍艦である。クローン戦争で使用されたクワット・ドライブ・ヤード社アークワイテンズ級軽クルーザーの再加工版で、帝国宇宙軍の通信船として利用された。

特徴

「優秀なお前のことだ。軽クルーザー1隻で十分だろう」
カシウス・コンスタンチン提督に対し、スローン大提督[出典]

帝国軍軽クルーザーは、クワット・ドライブ・ヤード社が製造したアークワイテンズ級軽クルーザーの改造型だった。全体的な形状はクローン戦争期に使用されたアークワイテンズ級艦と似ており、船体はくさび型で、3つの円筒型エンジンを持ち、船首は二又に別れていた。クローン戦争期の船体を白一色に塗り直しただけのようにも見えたが、銀河帝国版のアークワイテンズ級艦はブリッジ・タワーの形状等、細かい部分に改造が施されていた。4連レーザー砲塔や2連ターボレーザー砲塔、震盪ミサイルランチャーで武装していた。8機の脱出ポッドを搭載し、船首にセンチネル級シャトルをドッキングさせることができた。

歴史

「あのクルーザーはもう珍しくなっている。1年前に造船所に襲撃があったせいだな」
ラルシウス・パルドラ[出典]

帝国軍軽クルーザーはクローン戦争で銀河共和国が使用したアークワイテンズ級軽クルーザー(ジェダイ軽クルーザー)の改造型だった。この新型アークワイテンズ級艦は帝国時代に使用された。

登場作品

参考資料

帝国軍
司令部 ダース・シディアス - ダース・ヴェイダー - 帝国軍最高司令部 - 統合本部
帝国地上軍 帝国地上軍長官 - ストームトルーパー兵団 - 第501軍団 - ブリザード・フォース - 帝国軍地上クルー - 帝国軍コンバット・ドライバーAT-ATパイロット - AT-STドライバー - タンク・ドライバー
帝国宇宙軍 帝国宇宙軍長官 - 帝国軍スターファイター部隊 - TIEファイター・パイロット - 第7艦隊 - デス・スコードロン - 帝国宇宙軍トルーパーデス・スター・トルーパー) - 帝国軍兵器技術者
その他の組織 帝国情報部 - 帝国軍特殊部隊 - 帝国アカデミー - 帝国軍士官候補生 - インフェルノ分隊
主なビークル AT-AT - AT-ACT - AT-DP - AT-ST - AT-MP - 614-AvA - 74-Z - TIE/D - TIE/ln - TIE/sa - TIE/sk - TIE/IN - TX-225 GAVw - アークワイテンズ級司令クルーザー - インペリアル級スター・デストロイヤー - エグゼクター級スター・ドレッドノート - クエーサー・ファイア級クルーザー=キャリアー - ゴザンティ級クルーザー - センチネル級着陸船 - ラムダ級T-4aシャトル - レイダー級コルベット - デス・スター - 第2デス・スター
ストームトルーパー インペリアル・ショック・トルーパー - サンドトルーパー - シャドウ・トルーパー - ジャンプトルーパー - ショアトルーパー - スカウト・トルーパー - スノートルーパー - デス・トルーパー - マグマ・トルーパー
[テンプレート]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。