FANDOM


アーガイアス(Argyus)は人間男性で、銀河共和国に仕えたセネト・ガードである。クローン戦争中、彼はセネト・コマンドーと呼ばれるエリート部隊のキャプテンを務めていたが、密かに独立星系連合に買収され、ドゥークー伯爵の手先になっていた。22 BBYパドメ・アミダラ元老院議員惑星ローディアトレード・フェデレーションヴァイスロイヌート・ガンレイ逮捕した後、キャプテン・アーガイアスはガンレイを乗せたヴェネター級スター・デストロイヤートランクィリティ>に配属され、ジェダイ・マスタールミナーラ・アンドゥリパダワンアソーカ・タノとともに囚人をコルサントまで護送することになった。

航行中、<トランクィリティ>はダーク・ジェダイの暗殺者、アサージ・ヴェントレス率いる分離主義勢力によって攻撃された。アンドゥリとタノがヴェントレスとの戦いに出向いた後、アーガイアスはクローン・コマンダーグリーと対決し、ガンレイを独房から解放した。アーガイアスとガンレイはスター・デストロイヤーと係留していたリパブリック・フリゲートを奪って逃走し、脱出ポッドで逃げてきたヴェントレスと合流する。アーガイアスが任務の成功を自分だけの手柄のように喜び、ヴェントレスの活躍もドゥークー伯爵に伝えておくと大口を叩いたため、ヴェントレスは元セネト・コマンドーの心臓を背後からライトセーバーで一突きし、彼の命を絶った。

登場作品

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。