FANDOM


「敵の姿が見えません!」
「だから奴らはシャドウ・ピープルと呼ばれているんだ、タップ」
アンバラの戦いにて、クローン・トルーパーの会話[出典]

アンバラン(Umbaran)はシャドウ・ピープル(Shadow People)の異名で知られた近人間知覚種族である。ゴースト星雲惑星アンバラ出身で、青白い皮膚とのない目を持ち、標準的な人間と比べて病的な外見をしていた。アンバランは高水準のテクノロジーを持っており、ユニークな武器や乗り物を作り上げていた。クローン戦争中、アンバラの代表者だったミー・ディーチー元老院議員が暗殺された後、アンバランは銀河共和国から脱退し、独立星系連合に加わった。

生態と特徴

Deechi speaks

アンバランの男性、ミー・ディーチー

アンバランは細身な体格の近人間知覚種族である。彼らの皮膚は青白く、標準的な人間と同様に一対の腕と脚、5本の指を持っていた。彼らの目には味がなく、目の周りに灰色の隈のような模様があったため、常に表情がやつれて見えた。アンバランの心臓は人間と同じく1つで、この臓器への攻撃は致命傷となった。アンバランの頭部には白い髪が生えていたが、一部のメンバーは男女を問わずスキンヘッドにしていた。この種族は他者を操る技術に長けており、他人の精神すら支配できるのではないかという噂もあった。また、彼らは紫外線のスペクトルを見ることができた。

社会と文化

太陽の光が届かない惑星アンバラに起源を持つアンバランは、「シャドウ・ピープル」の異名で知られた。彼らの社会はカースト制で成り立っており、自らの社会的地位を挙げようと常に陰謀を張り巡らせていた。アンバランのテクノロジーは銀河系の大部分より高水準だった。アンバランはベーシックを話すことができたが、故郷では独自の言語で会話し、26の文字から成るアルファベットを使用していた。アンバランにはシャドウ・クロークと呼ばれるゆったりとした伝統衣装があった。

歴史

SlyMoore-DB

アンバランの女性、スライ・ムーア

アンバランはエクスパンション・リージョンゴースト星雲に属す暗闇の惑星、アンバラで進化を遂げた。アンバランはもともと銀河共和国のメンバーで、ミー・ディーチー元老院議員を惑星コルサント銀河元老院に派遣していた。また、ナブー危機の約10年後には、スライ・ムーアという名の女性アンバランがシーヴ・パルパティーン最高議長の補佐官を務めていた。

クローン戦争中、ディーチー議員はローディアンロロ・パース代議員によって暗殺された。その後、共和国への忠誠心を失ったアンバランはドゥークー伯爵率いる独立星系連合へ離反する。20 BBY共和国グランド・アーミークローン・トルーパーがアンバラへ攻め入り、連合軍宇宙艦隊やアンバラン民兵と交戦した。ジェダイ将軍ポング・クレルクローン兵を裏切るというトラブルを乗り越え、共和国軍はジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービの指揮でアンバランの首都を制圧し、戦いに勝利する。

19 BBY、パルパティーン議長は共和国を解体して銀河帝国創設した。その後、アンバランが開発した高水準の軍事テクノロジーは帝国軍のもとで再利用された。

登場作品

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。