FANDOM


アンダーゴ(Andurgo)は男性ダグパイロットであり、137 ABY銀河同盟残存勢力に仕えていた。彼はローグ中隊の隊員であり、モニア・ガーンウイングメイトだった。彼は自分が中隊の中でもっとも優れたパイロットだと考えていた。

経歴

もとストームトルーパーホンドー・カーが新たにローグ中隊に加わったとき、アンダーゴは彼が一番面白いと考える方法、すなわちカーをからかうことで、この新入りを迎えた。しかしカーはからかわれることを拒み、ナイフを使った戦闘が始まる。ふたりの戦いはローグ・リーダージョラム・ベイによって止められた。カーは戦いの責任を自ら負い、アンダーゴから尊敬を獲得する。彼らは飲み物を一緒に飲むことで和解した。

アンダーゴはモン・カラマリの戦いCF9 クロスファイア・スターファイターに乗って戦った。このときのウイングメイトはロントだった。アンダーゴの目立ちたがりな行為によってロントは命を落としかけ、ローグ中隊の仲間、アンジ・ダールは彼を非難した。幸運なことにロントは緊急脱出し、帝国によって捕らえられたが、のちにインペリアル・ナイトトレイス・シンドシゲル・デアによって助け出された。

アンダーゴはのちにラルティアの戦いに参加する。ほかにも、彼はタイヴァス秘密のテンプル防衛戦にも参加し、スカル中隊と戦った。この戦いの後、アンダーゴとほかのローグ中隊隊員たちはコルサントでの決戦に臨んだが、彼はシススターファイターによって惑星上空で撃ち落された。

制作の舞台裏

このキャラクターが当叙する作品は、いずれも邦訳されていない。

登場作品

  • Star Wars Legacy: Indomitable (初登場)
  • Star Wars Legacy 36: Renegade (台詞または音声のみ)
  • Star Wars Legacy 41: Rogue's End (台詞または音声のみ)
  • Star Wars Legacy 47: The Fate of Dac
  • Star Wars: Legacy-War 2
  • Star Wars: Legacy-War 5
他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。