FANDOM


アンダリア[1](Andalia)は、ヘイピーズ星団に属すアンダリア星系惑星。孤立主義のヘイピーズ・コンソーティアムに属し、銀河共和国銀河帝国からも独立していた。しかし、銀河内戦中の0 ABYにはアンダリアの戦いの戦場になった。

歴史

ロレル・リーチロレル・ルート上に位置するアンダリアは、グレート・マニフェスト時代に発見され、基本的に海賊ロレル・レイダースたちによって支配されていた。4050 BBY、ロレル・パイレーツに悩まされていた銀河共和国のため、ジェダイ・オーダーヘイピーズ星団に赴いて海賊を討伐した。その後、この領域に女性が支配するヘイピーズ・コンソーティアムが誕生した。この国家は、共和国からも境界を閉ざした。

コンソーティアムはその後数世紀に渡って孤立したが、アンダリアは国家の外部とある程度の貿易を行っていた。クローン戦争後の19 BBY銀河元老院ソリポ・イェブ議員は、アンダリア産のクローク(外套)を身に着けてナブーパドメ・アミダラ葬儀に参加していた。

BattleOfAndalia-EGW

アンダリアの戦い

銀河帝国が台頭した後も、帝国の皇帝であるパルパティーンはヘイピーズ星団を併合しようとはしなかった。しかし0 ABY、パルパティーンはオスヴァルド・テシック大提督をアンダリアへと派遣し、ヘイパン艦隊と戦わせた。パルパティーンは、別の任務で失敗を犯したテシックに絶望的な任務を与え、他の大提督たちに対する見せしめにするつもりだったのである。そのため、アンダリアの戦いは帝国の敗北に終わった。

ヘイピーズ・コンソーティアムは、銀河系の政治情勢に関わらずにいたが、ズンジ軍将討伐やスローン戦役の際に新共和国に助力した。その後コンソーティアムは、ユージャン・ヴォング戦争では侵略者と戦う銀河同盟を、第二次銀河内戦ではコンフェデレーションを支援した。137 ABY当時、コンソーティアムの領域はダース・クレイト銀河帝国からも独立を保っていた。

参考資料

脚注

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki