FANDOM


「わかった、アンカーヘッドまで送っていくよ。そこからなら、乗り物を捕まえてモス・アイズリーへでもどこへでも行ける」
オビ=ワン・ケノービに対し、ルーク・スカイウォーカー[出典]

アンカーヘッド(Anchorhead)は砂漠惑星タトゥイーンにあった小さな街。アンカーヘッドに行けば、モス・アイズリー宇宙港をはじめとする他の都市への移動手段を手に得ることができた。

歴史

ヤヴィンの戦いの直前、ルーク・スカイウォーカーオビ=ワン・ケノービをアンカーヘッドまで送っていくと申し出たが、道中でジャワの部族の虐殺現場を発見し、育て親であるオーウェンベルー・ラーズ夫妻の安否を確認するため自宅へ戻った。育て親が銀河帝国に殺されたことを知ったスカイウォーカーは、ケノービの旅に同行するためアンカーヘッドではなくモス・アイズリーへ向かった。

ジャンドランド荒野に住むタスケン・レイダーは、しばしば大勢でアンカーヘッドのような小規模な街を襲撃することがあった。

登場エピソード

参考資料