FANDOM


「プラットはドロイドが欲しい。ドロイドは連れて行く。女は邪魔をするな」
「このドロイドはわたしのものよ。プラットには売らない。プラットもわかってる」
「そのとおりだ。プラットはわかってる。お前は売らなかった。だから奪う」
―アンカーの手下2人とレイ[出典]

アンカーの手下(Unkar's thugs)は惑星ジャクーの“ジャンク・ボスアンカー・プラットに仕えたごろつきのグループである。

概要

惑星ジャクーニーマ・アウトポストを取り仕切るジャンク屋アンカー・プラットは手下たちを使ってゴミ漁りの活動に目を光らせ、未認可の品をやり取りしていないか、自分に楯突く者がいないか監視させていた。[4] アンカーの手下はヒューマノイド種族のメンバーからなり、正体を隠すためにマスクをかぶっていた。「非番」のときに報復されるのを防ぐためである。[1] しかしニーマは小さな街だったため、住民たちは声や態度、しぐさで手下たちの正体に気づいていた。[4]

歴史

Unkars thugs db

レイと戦うアンカーの手下たち

アンカー・プラットはレイが幼い頃から彼女のゴミ漁りの才能に気づいており、手下を用心棒として送り込んでいたが、レイからは迷惑がられていた。[2]

34 ABY、プラットはレイがニーマに連れてきたアストロメク・ドロイドBB-8に目をつけた。レイはBB-8を売るのを拒否したが、アンカーは手下に命じて無理やり奪い取ろうとした。しかしレイはクォータースタッフを使って手下たちを返り討ちにし、ファースト・オーダーの脱走兵であるフィンが加勢に駆けつけたときには既に戦いが終わっていた。[3]

レイとフィン、BB-8がYT-1300軽貨物船ミレニアム・ファルコン>を奪ってジャクーから逃げ出した後、アンカーは手下を連れて彼女たちの後を追った。<ファルコン>に取り付けておいた自動追跡装置をもとに、アンカーは惑星タコダナマズ・カナタの城にたどりつく。アンカーは城の中でレイを発見し、彼女とBB-8に報復しようとした。しかしアンカーはウーキーチューバッカによって腕をもぎ取られ、手下たちはアンカーが苦痛の悲鳴を上げるのをただ見ていることしかできなかった。[5]

登場作品

参考資料

脚注

他言語版