FANDOM


類似した名称の記事はベックを参照

アレシア・ベック(Alecia Beck)は人間女性で、銀河内戦中に帝国保安局に仕えた司令官。初めて保安局の巡察任務に就いた際、ベックは帝国軍の機密を漏洩していた訓練官を発見し、対決して勝利を収めた。彼女はその際左目に傷を負い、機械の義眼を使うようになった。ヤヴィンの戦いの直後、ベックは惑星タナブ共和国再建のための同盟の偵察部隊シュライクスを壊滅させたが、リーダーのカルアン・イーマット中尉は攻撃を免れた。彼女はイーマットを追ってシーアコンへ赴いたが、ハン・ソロチューバッカの妨害によって反乱分子を取り逃がしてしまった。

脚注