FANDOM


「マスター・ケノービ、マンダロアに吹き荒れた暴力の嵐は過去のものです」
―アルメク首相[出典]

アルメク(Almec)は惑星マンダロア出身の人間男性で、新マンダロリアン政府やシャドウ・コレクティヴに仕えた首相である。もともとサティーン・クライズ女公爵の掲げる平和主義政策の支持者だったが、クローン戦争の影響からマンダロアを守ろうと試行錯誤するうちに、クライズの理念に反する道へ走った。21 BBY銀河共和国の宇宙船襲撃事件にマンダロリアンが関与していると疑われた際、アルメクはジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービの前で疑惑を否定し、マンダロアの暴力の歴史は既に終わったと主張した。しかしケノービとクライズによって行われたその後の調査により、マンダロアの衛星コンコーディアデス・ウォッチと呼ばれるマンダロリアンの過激派閥が密かに再台頭していたことが明らかになった。同じ年、中立を宣言したため交易ルートを閉ざされたマンダロアは物資不足に直面し、アルメクはやむを得ずムーガン密輸組織による闇市場の取り引きに手を出した。しかし密輸業者が化学物質スレイビン飲み物の希薄剤に使ったため子どもたちを巻き込む中毒事件が発生し、陰謀が政府官僚にまで及んでることが明るみに出てしまった。アルメクはジェダイパダワンアソーカ・タノ王立アカデミーの生徒たちに陰謀を暴かれて失脚し、投獄された。

19 BBY、新マンダロリアン政権はデス・ウォッチとシャドウ・コレクティヴによって倒され、クライズもアルメクと同じ刑務所に入れられた。それから間もなく、アルメクはコレクティヴを率いるシス卿ダース・モールサヴァージ・オプレスから助力を求められ、彼らと一緒に牢獄から脱出した。モールはデス・ウォッチの首領プレ・ヴィズラを決闘で破り、アルメクはシスが支配する傀儡政府の首相として返り咲く。その直後、ナイト・アウル一派がモールに反発してマンダロリアン・スーパー・コマンドーに戦いを挑んだが、クライズは脱獄に失敗して捕らえられ、アルメクらの見ている前でモールに殺された。内戦のさなか、モールがダース・シディアスとの対決に敗れてスティジョン・プライムスパイアへ連れ去られた際、アルメクはコマンダーガー・サクソンローク・カスト救出任務に送り出した。

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版