FANDOM


「異種間の協力の例を説明するためには、アルチェノートの月をはずすことはできんだろうな。そこではわたしがオセリーと名付けたてのひら大の毛の玉が、何千というほかの草食動物のために捕食動物警戒システムとして機能している」
ボウスプリッツ(『ジェダイの書 フォースを学ぶ者への手引き』の記述より抜粋)[出典]

アルチェノート[1]Alchenaut)は、エクスパンション・リージョンアルチェノート宙域アルチェノート星系に存在した衛星である。銀河共和国時代後期、1000 BBYの時点で、銀河系社会への仲間入りを果たしていた。この惑星には、何千種という草食クリーチャーと、複数の捕食クリーチャーが生息した。そんな中で、オセリーと呼ばれる動物は、他の草食動物に、捕食動物の危険を警告する機能を果たしていた。

990 BBY以前、ジェダイの生物学者であるボウスプリッツが衛星アルチェノートを訪れ、この惑星の生態系を研究した(オセリーに名前をつけたのも彼だった)。彼は、アルチェノートのクリーチャーに見られる、異種間の協力関係に着目し、『ジェダイの書 フォースを学ぶ者への手引き』の「銀河の動物」の項目にアルチェノートに関する記述を残した。

Ocerry

アルチェノートに生息した草食動物、オセリー

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ ジェダイの書 DXエディション』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。