FANDOM


「あなたはこれができる能力を持って生まれたのよ」
フォースを使った孫のアラナに対し、レイア・ソロ[出典]

アラナ・ディヨ・ソロ[1]Allana Djo Solo)は、ジェダイ・ナイトジェイセン・ソロと、ヘイピーズのクイーン・マザー、テネル・カー・チュームタ・ディヨの娘である。彼女はフォース=センシティブ能力を持っており、ジェダイ・マスタージェイナ・ソロからは姪、反乱軍の英雄であるレイアハン・ソロからは孫にあたる。ヘイピーズ・コンソーティアムチュメーダとして、アラナは母親の跡を継いでヘイパンの玉座につくことになっていた。しかしアラナは、41 ABYセデュ・マードの戦いで命を落としたことにされる。モフ評議会が、ヘイパン王室を抹殺するために造り出されたナノキラーの使用許可を出したことにより、女性優位のヘイパン王家において直系の跡取りとなるアラナの命が危険にさらされたためである。

テネル・カーはフォースを通してジェイセンから娘を守るよう警告を受け、アラナを彼女の祖父母であるハンとレイア・ソロに託した。アラナは戦争で孤児となったアメリア・ソロ[2]Amelia Solo)という仮の姿で危険から姿を隠すことになり、ソロ夫妻は彼女を正式に養子にした。テネル・カーはこのようにアラナの安全を望む一方で、彼女がジェダイの教義を学ぶのを許した。 ソロ夫妻のもとで育てられていた当時、アラナは第二次銀河内戦シスの暗黒卿となった父親に裏切られた過去から、精神的に立ち直れていなかった。

その後、アラナの大叔父にあたるマスター・ルーク・スカイウォーカーなど数名が、ジェイセン・ソロがかつて見たものと似た、フォースによるヴィジョンを経験する。ヴィジョンの中で、成長したアラナは玉座に座る女王となっていた。銀河系の征服を企むシスたちは、アラナを彼らの計画の潜在的な脅威とみなすようになった。

経歴

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』、『ミレニアム・ファルコン』に基づく。
  2. カタカナ表記は『ミレニアム・ファルコン』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki