FANDOM


正史版の内容はこちらをクリック。  レジェンズ版の内容を紹介しています。 

アラキッド・インダストリーズ社[1](Arakyd Industries)はドロイドスターシップの製造会社である。 アラキッド・インダストリーズ社は比較的規模が小さく時代遅れだった。しかし、皇帝パルパティーンの傘下に入ることで、帝国の成功と軌をーにして急成長した。 政治的な駆け引きに長けていたアラキッド・インダストリーズ社は帝国から最初の注文を受注した。それには、G-2RDガード・ドロイドや、帝国情報部から賞賛されたムーン・モス、惑星ホスにある反乱軍の基地を探し当てるのに使用されたプローブ・ドロイドのプロボット・シリーズが含まれていた。 アラキッド・インダストリーズ社は当初、銀河帝国に忠誠を誓っていたが、反乱軍にはそれを恨む余裕はなかった。皇帝の死後、帝国が不利な情勢になると、両者は協力しあったのである。

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『週刊スター・ウォーズ ファクトファイル』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki