FANDOM


アマノアの葬儀Funeral of Amanoa)は、3998 BBYインナー・リム惑星オンダロンで執り行われた。オンダロンの女王だったアマノアは、4000 BBYに、数百年にわたって繰り広げられていたビースト大戦最後の戦いで命を落とした。アマノアの葬儀は、オンダロンの唯一の都市で、生前に彼女が支配していたイジスで行われ、アーカニアンジェダイ・マスターアーカ・ジェスが通りを進む参列者の列を先導した。

マスター・ジェスは、アマノアの棺とともに、古代シスの暗黒卿フリードン・ナッドの石棺を衛星ディクサンへ移動させるつもりでいた。彼は、オンダロンがフォースのダークサイドの影響下にある元凶は、シス卿の棺にあると考えていたのである。ジェダイはアマノアとナッドの石棺をスターシップに積み込もうとしたが、地下から巨大なグラウンドボーラー出現したことで、葬儀は中断された。ダーク・ジェダイウォーブ・ナルによって率いられたナッド教徒兵士たちがマシーンの中から姿を現し、葬儀を襲撃した。計画通りふたつの石棺を奪ったナッド教徒は、地下へと退却していった。彼らを追跡したジェダイは、アマノアの夫であるオムミンが襲撃の黒幕だったことを知った。

その後、ジェダイはオンダロンを解放するため銀河共和国の助けを借りて戦った共和国宇宙軍の援軍やビースト・ライダーと力を合わせたジェダイは、惑星規模の戦闘でオムミンに勝利した。ナッド教徒が敗北し、ダークサイドの影響力が完全に潰えた後、アーカ・ジェスはようやくアマノアとナッドの石棺を移動することができた。ふたりの遺体は、密林の月ディクサンに建てられたマンダロリアン鋼霊廟へと移される。

登場作品

  • Tales of the Jedi: The Freedon Nadd Uprising 1 (初登場)
  • Tales of the Jedi (audio)

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki