FANDOM


アマクシン戦士団(Amaxine warriors)は謎に包まれた戦士集団である。起源は銀河共和国の夜明けまで遡ると言われていた。アマクシン戦士団は通貨を使わず、兵器と商品、サービスを交換した。この戦士団は別の銀河を探し求めて銀河系から姿を消したと思われていたが、新共和国時代にアリーズ・ハドラシアンに率いられて再台頭した。エンドアの戦いの24年後、ハドラシアンはセントリストカリース・シンディアン元老院議員に力を貸し、新共和国元老院会議ビル爆破テロを起こした。この事件を受け、レイア・オーガナランソム・カスタルフォ議員がアマクシンの実態を調査し、戦士団と繋がりを持つ犯罪王リンリヴィン・ダイカルテルの拠点を訪れた。[1]

脚注