FANDOM


アノート星系[1](Anoat system)はホス星系ベスピン星系の間にあり、アイソン・コリダー上に位置する星系。存在する領域はアウター・リム・テリトリーアノート宙域。この星系は居住可能だが荒れ果てたアノートデイヤー、そしてジェンティスという3つの惑星、そしてジェンティスの月ベルサスを含んでいた。

歴史

クローン戦争中、アノート星系はグリーヴァス将軍の攻撃により、独立星系連合の統治下に置かれた。グリーヴァスはアグノートたちを工場の労働者にするため、その故郷であるジェンティスを攻撃した。さらに衛星ベルサスで、グリーヴァスはアグノートの都市の人口全体を虐殺し、敵対するジェダイパダワンたちに力を誇示する。そのすぐ後にジェダイの攻撃部隊はグリーヴァス暗殺を試みたが、失敗した。この戦いの途中、地熱発電所のサーマル・コアが危機的状況に陥り、爆発が起こって月の生命を脅かした。しかし、将軍はこれを生き残る。

銀河内戦の前に、アノート星系の3つの惑星が放棄された。有害廃棄物によって汚染されたアノートと水の惑星デイヤーからは、市民たちは強制的に立ち退かなければならなかったのである。

2 ABY反乱同盟軍リジーヴ・クレダル中尉はアノート星系の巡回を監督していたが、突如として警告なしにハイパースペースへと飛び込んでしまった。事実上行方不明となった彼は、多くの人々から反逆者だと信じられるようになる。

3 ABYホスの戦いの後銀河帝国から逃れるため、<ミレニアム・ファルコン>は余り人気のないこの星系を通過した。

アノートはヤヴィン4ジェダイ・プラキシウム設立より以前に、再植民地化されている。新共和国元老院議員に代表者がいたからである。

登場作品

参考

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ・ユニバース』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki