FANDOM


アノート[1](Anoat)はアノート宙域アノート星系にあった3つの居住可能な惑星のうちのひとつ。グレーター・ジャヴィンに位置し、ホス星系ベスピン星系の間にあった。

歴史

アノートは居住可能な惑星だったが、アノート星系内のほかの惑星同様、概して荒れ果てていた。惑星の生態系にはアノート・リザード=アントなどが含まれていた。

クローン戦争の直前、フィグ・エクスカベーション社と提携した人間の植民者たちが惑星の一部に移り住んだ。だが、彼らは生態系を無視して採掘を行い、惑星の大気を毒してしまった。ヤヴィンの戦い前のあるとき、アノートはブタのようなエイリアン種族アグノートの植民惑星となった。

しかし、銀河内戦のころ、惑星唯一の入植地、アノート・シティは有害廃棄物がアノートを汚染してしまったため、長い間無人の状態のままだった。

ダーク・トルーパー計画に勤めていた銀河帝国の兵器設計者、モフリーバスは、隠れ家としてこの愉快とはいえない惑星を選んだ。しかし反乱同盟軍傭兵カイル・カターンは、アノート・シティの下水道にあった隠れ家からリーバスを見つけ出した。

反乱時代、アノートで活動していた反乱同盟軍の一人にヘネムシィの商人がいた。彼は銀河系全域の反乱軍基地へ向けての供給品の積荷を調整する工作員だった。これに対抗し、帝国は何人かの地元住人、例えばアグノートたちと共に働く用兵を雇い、アノート星系で同盟軍の活動に関与している疑いのあるものを密告させようとしたのだった。

ホスの戦い後の3 ABY、<ミレニアム・ファルコン>は銀河帝国から逃げるためにアノート星系を通過した。

のちに、外来人たちが再びアノートを植民地化した。そして、新共和国に加わったアノートは新共和国元老院で代表者を出すようになる。また、フィグのグループもこの時代にもう一度採掘のための植民地をアノートに設立する。

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki