FANDOM


アナコンダン(Anacondan)は惑星ロソ・マイナー出身のヘビに似た知覚種族

生態と特徴

アナコンダンはヘビに似た外見の知覚種族で、個体によっては全長4.7メートルにもなる先細った筒状の体を持っていた。彼らは手足を持たず、体をよじりながら地上を移動し、尻尾を使って物を掴んだ。アナコンダンは針のような歯が並ぶ大きな口と、感情表現豊かな2つの目を持っていた。また、彼らの頭部には耳に相当する器官が見当たらなかった。

アナコンダンの肌のは個体によって異なり、灰色の者もいれば、赤と黄色のまだら模様の者もいた。目の色は黄色や青などがあった。アナコンダンはベーシックを流暢に話すことができた。

社会と文化

ヘビのような外見だったアナコンダンは、一般的に衣服を身に着けなかった。

歴史

アナコンダンは銀河系アウター・リム・テリトリーに属す汚染された大気惑星ロソ・マイナーに起源を持っていた。クローン戦争当時、アナコンダンの母星は何世代にもわたる廃棄物の投棄によってゴミのになっており、種族のメンバーは廃品回収や他種族の住人との取り引きで生計を立てていた。モーレイという名のアナコンダンは、ダソミリアンザブラクの狂人ダース・モールに獲物を届け、引き換えとして分け前を頂戴していた。モールの弟、サヴァージ・オプレスがロソ・マイナーにやって来た時、モーレイは親切な案内人を装って彼をモールの巣穴に突き落とした。

銀河系におけるアナコンダン

クローン戦争期、一部のアナコンダンは銀河共和国首都惑星であるコルサントに住んでいた。そのうちの1人はコルサントの下層レベルにあるトゥルーピングというカンティーナバーテンダーを務めていた。

登場エピソード

参考資料

他言語版