FANDOM


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

共和国再建のための同盟エンドアの戦い銀河帝国を破った後、ジェダイ・ナイトルーク・スカイウォーカーエンドアで実の父アナキン・スカイウォーカー葬儀を行った。それまでシス卿ダース・ヴェイダーとして知られていたアナキンは、エンドアの戦いで息子のルークに説得され、フォースのダークサイドを捨てた。彼はルークを救うためにシス・マスター皇帝ダース・シディアスを倒したが、その際に致命傷を負った。

間もなくアナキンは命を落とし、フォースとひとつになった。皇帝との対決が繰り広げられた第2デス・スターは反乱同盟軍によって破壊されたが、ルークは宇宙ステーションが爆発する直前に脱出した。エンドアに戻ったルークは、積み上げた薪に中身が空っぽの父親の装甲服を入れ、火葬にした。葬儀が終わった後、反乱軍や原住民イウォークによる祝勝の宴に参加したルークは、自分たちを見守る父親、ジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービヨーダ霊体を目にした。

背景

Vader Grabs Palpatine

息子を救うため皇帝ダース・シディアスに立ち向かうダース・ヴェイダー

銀河帝国共和国再建のための同盟(反乱同盟軍)が繰り広げた銀河内戦の一大会戦、エンドアの戦いのさなか、シスの暗黒卿ダース・ヴェイダーは実の息子ルーク・スカイウォーカー第2デス・スターライトセーバー決闘を繰り広げた。ルークは父親を破り、ヴェイダーのシス・マスターである皇帝ダース・シディアスを満足させた。シディアスはヴェイダーの息子を新しい弟子にしようと考えていたが、ルークは父親に止めを刺すことを拒否し、自分はジェダイ・ナイトだと宣言した。怒ったシディアスはフォース・ライトニングでルークを殺そうとした。まだ善の心が残っていたヴェイダーは息子が殺されるのを黙って見ていることができず、マスターに掴みかかり、彼をデス・スターの反応炉に投げ落とした。ヴェイダーはこの行為によってフォースのライトサイドに帰還し、再びジェダイのアナキン・スカイウォーカーに戻った。ヴェイダーがダークサイドを捨て、シディアスが命を落としたことで、シスは遂に敗北した。

ルークを救った際、アナキンは機械の体にライトニングを受けて致命傷を負った。アナキンはダース・シディアスを死に追いやったことでフォースにバランスをもたらす“選ばれし者”の予言を成就した。ルークはデス・スターから脱出するためアナキンを格納庫ラムダ級シャトルへ運んで行ったが、アナキンは自分の死が差し迫っていることに気付いていた。最期に自分自身の目で息子を見たいというアナキンの望みに従い、ルークは父親からダース・ヴェイダーのヘルメットを外した。アナキンは息子の言うとおり自分には善の心が残っていたと認め、息を引き取った。アナキンは死んでフォースとひとつになったため、肉体は消滅した。

葬儀

Anakinfuneral

荼毘に付されたアナキンの装甲服

ルークは空っぽになった父親の装甲服を携え、反乱同盟軍の攻撃によって爆発寸前のバトル・ステーションから脱出した。エンドアの戦いは皇帝の死とデス・スターの破壊によって反乱同盟軍の勝利に終わり、銀河史の流れに大きな変化がもたらされた。ルークは父親の装甲服を眼下の衛星エンドアに運んだ。この星では、反乱軍の兵士と原住民のイウォークが祝勝の宴を開いていた。ルークはブライト・ツリー村の近くで火葬用の薪を積み、父親の装甲服を中に入れた。火葬が終わった後に残ったのは、灰とプラストイドとわずかな金属片、そして歪んだヘルメットの残骸だけだった。

この葬儀はルークにとって重要な意味を持つ行為だった。しかしルークは、ヴェイダーのヘルメットが炎に包まれる光景は他の者たちにとって歓喜の対象になるだけだと判断し、皆から離れた場所で葬儀を開くよう心掛けた。

その後

葬儀が終わった後、ルークはイウォークの村で行われていた宴に加わり、友人や双子の妹レイア・オーガナたちと合流した。仲間たちから少し離れた時、ルークは宴を静かに見守るジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービヨーダ、そしてダークサイドに転向する以前の姿のアナキン・スカイウォーカーの霊体を目にした。3人のジェダイの霊に笑みを見せた後、ルークは再び仲間たちのもとに戻った。

HelmetWarrantyVoided-TFAT2

エンドから回収されたダース・ヴェイダーのヘルメットの残骸

エンドアの戦いの後、ヴェイダーのヘルメットの残骸は火葬場から回収された。葬儀から30年が過ぎた後、炎で歪んだヴェイダーのヘルメットは、彼の孫にあたるダークサイドの戦士カイロ・レンの所有物になっていた。ダース・ヴェイダーは強力なシス卿だったが、息子を救うため感傷に屈して帝国を滅ぼしてしまった存在でもあるため、カイロ・レンにとってこのヘルメットはダークサイドの力のシンボルであると同時に、弱さのシンボルでもあった。

登場エピソード

参考資料