Fandom

Wookieepedia

アナキン・スカイウォーカー

9,629このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
正史版の内容を紹介しています。  レジェンズ版の内容はこちらをクリック。 
「彼には善い心があります…善い心が…まだ…」
パドメ・アミダラ[出典]

アナキン・スカイウォーカー(Anakin Skywalker)は並外れたフォース感応力を持つ人間男性で、銀河共和国に仕えたジェダイ・ナイトフォースのダークサイドに転向した後、シス卿ダース・ヴェイダー(Darth Vader)として銀河帝国に仕えた。アナキンは砂漠惑星タトゥイーンに住む奴隷シミ・スカイウォーカーの子として生まれ、父親はおらず、先天的に高いミディ=クロリアンフォースとの接触能力を左右する共生微生物)数値に恵まれていた。アナキンはトイダリアンのジャンク商人ワトーの奴隷として幼少期を過ごし、当時から類まれな操縦技術や機械いじりの才能を垣間見せていた。ナブー危機のさなか、スカイウォーカー少年はジェダイ・マスタークワイ=ガン・ジンやのちの妻となるパドメ・アミダラと出会い、彼らの宇宙船の修理費用を捻出するためブーンタ・イヴ・クラシックポッドレースに出場した。レースに優勝したスカイウォーカーは、クワイ=ガン・ジンの計らいで奴隷生活から解放された。

スカイウォーカーは母親との別れを惜しみながら故郷を離れ、銀河共和国の首都コルサントを訪れた後、ナブーの戦いに巻きこまれた。アミダラの故郷である惑星ナブーはスカイウォーカーの活躍でトレード・フェデレーションの封鎖部隊から解放された。ジンはこの戦いで命を落としたが、彼の弟子だったオビ=ワン・ケノービが師匠の遺志を引き継ぎ、スカイウォーカーをパダワンとして訓練することになった。ジェダイ評議会のメンバーの多くは、スカイウォーカーこそジェダイの予言にある“選ばれし者”(フォースにバランスをもたらしシス・オーダーを倒す人物)だと信じていた。分離主義運動の最盛期、パダワン・スカイウォーカーはアミダラと再会し、彼女を暗殺者から守るよう言い渡された。共和国と分離主義勢力の対立が深まる中、スカイウォーカーとアミダラの関係は恋愛に発展する。クローン戦争の初戦となったジオノーシスの戦いドゥークー伯爵に敗れ右腕を失ったスカイウォーカーは、サイバネティックスの義手を使うことになった。この戦いの直後、彼はジェダイ・コードに逆らって密かにアミダラと結婚した。

クローン戦争中、スカイウォーカーはジェダイ・ナイトに昇格した。彼はトグルータアソーカ・タノをパダワンにとり、ケノービや第501軍団クローン・コマンダーレックスらと共に数多の戦場で活躍した。スカイウォーカーはシーヴ・パルパティーン最高議長と個人的な親交を深めたが、ジェダイ評議会は戦争を利用して権力を拡大する議長に疑惑の目を向けていた。戦争の終盤、アソーカは反逆罪の濡れ衣を着せられてジェダイ・オーダーから追放され、最終的にはスカイウォーカーのおかげで疑惑を晴らしたものの、結局ジェダイに戻ることはなかった。戦争の終結が迫っていた頃、スカイウォーカーは妻が出産時に命を落とす悪夢に悩まされた。パルパティーン(その正体はシスの暗黒卿ダース・シディアスだった)はアミダラの命を保証することでスカイウォーカーをダークサイドに誘惑し、彼に“ダース・ヴェイダー”という名を与えた。シディアスは共和国を解体して銀河帝国を創設し、ジェダイ・オーダーは事実上壊滅した。

戦争が終結した直後、ヴェイダーは惑星ムスタファーでアミダラと再会したが、彼女はダークサイドに転向した夫に恐怖を覚えた。ヴェイダーは妻が自分を裏切ったと思い込み、フォースで首を絞めて殺そうとしたが、ケノービに制止された。かつての師匠との決闘に敗北して瀕死の重傷を負ったヴェイダーは、生命維持用の黒い装甲服に身を包んだサイボーグとしてその後の人生を送ることになった。ヴェイダーはアミダラが死ぬ直前に双子を出産したことを知らないまま約20年にわたって皇帝パルパティーンの右腕を務めた。この間、彼は尋問官たちを率いてジェダイの生存者を狩り出し、帝国に反旗を翻した反乱ネットワークや、かつての弟子アソーカ・タノと対立した。クローン戦争終結から19年後、銀河帝国はヤヴィンの戦い超兵器デス・スターを失った。ヴェイダーはデス・スターを破壊した反乱同盟軍パイロットが強いフォースを備えていることに気づき、賞金稼ぎボバ・フェットを雇って正体を突き止めた。このパイロットはアミダラが死ぬ直前に産んだヴェイダーの息子、ルーク・スカイウォーカーだった。

ホスの戦いの直後、ヴェイダーはベスピンクラウド・シティでルークと対決する。ヴェイダーはルークに親子の関係を明かしたが、彼を味方につけることは出来なかった。一方、ヴェイダーに代わる新しい弟子を求めていたシディアスも、ルーク・スカイウォーカーをダークサイドに転向させようと目論んでいた。しかしルークは父親をライトサイドに引き戻したいと願い、エンドアの戦いで自ら帝国軍に投降した。帝国軍と同盟軍艦隊第2デス・スターをめぐって争う中、ヴェイダーとルークは皇帝の前で最後の対決を繰り広げた(その際、彼はルークにレイアという名の双子の妹がいることを知った)。ルークは父親を破ったが、とどめを刺すことを拒否したため皇帝の容赦ない攻撃にさらされた。ヴェイダーは息子の愛情に突き動かされてダークサイドを放棄し、自らの命を犠牲にして皇帝を葬った。彼は“選ばれし者”の予言を成就してジェダイのアナキン・スカイウォーカーに戻り、息子と和解した後、フォースとひとつになった。

経歴

生い立ち

タトゥイーンの奴隷

「父親はいないんです。妊娠して、出産し、育てました。私にも説明できません」
シミ・スカイウォーカー[出典]
Anakin Skywalker slave.jpg

幼少期のスカイウォーカー

人間男性、アナキン・スカイウォーカーは、アウター・リム・テリトリー砂漠惑星タトゥイーンで育った。彼は奴隷シミ・スカイウォーカーの息子で、父親はおらず、ミディ=クロリアンによって生み出された。スカイウォーカーの血液中のミディ=クロリアン値は、ジェダイ・マスターのそれを遥かに凌ぐほどだった。スカイウォーカーとその母はもともとガーデュラ・ザ・ハットの奴隷だったが、ポッドレースの賭けの対象となって所有権が移り(本人の記憶によれば、彼が3の時に)トイダリアンの商人ワトーの奴隷となった。ワトーが営むモス・エスパのジャンク屋の手伝いをさせられていたスカイウォーカーは、幼い頃から優れた操縦と機械いじりの才能を垣間見せていた。彼はモス・エスパのパイロットたちからタトゥイーン外部の情報を聞き、いつか自由の身になって故郷から旅立つことを夢見ていた。彼は自分でプロトコル・ドロイドC-3POを組み立て、完成したあかつきには母親の手伝いをさせようと考えていた。[1]

スカイウォーカーは幼い頃から危険なポッドレースに参加しており、人間では唯一のレーサーだった。ワトーもその腕前を評価していたが、スカイウォーカーはダグセブルバに勝つことが出来ず、レースの完走もままならないでいた。ワトーのポッドでレースに参加した際、スカイウォーカーはセブルバの悪質な妨害に遭い、ポッドを壊してしまったことがあった。また、スカイウォーカーはワトーには秘密で自分自身のポッドレーサーを何年もかけて組み立てていた。[1]

幼い頃、スカイウォーカーにはキットスター・バナイウォルドエイミーシークメリーといった友人がいた。しかし、彼らの多くはスカイウォーカーが数年かけて造ったポッドレーサーが動くはずがないと信じていた。彼は母親や友人たちから“アニー”というニックネームで呼ばれていた。[1]

自由へのレース

「あの子は欲というものを知りません。あの子には――」
「あの子には特別な力がある」
―シミ・スカイウォーカーとクワイ=ガン・ジン[出典]

ヤヴィンの戦いの32年前、トレード・フェデレーションが惑星ナブーを封鎖する事件が発生し、ジェダイによって救出されたナブーのパドメ・アミダラ女王宇宙船がモス・エスパにやって来た。彼女たちは銀河共和国首都惑星であるコルサントを目指していたが、宇宙船ハイパードライブを修理するためにタトゥイーンに立ち寄ったのだった。ジェダイ・マスターのクワイ=ガン・ジングンガンジャー・ジャー・ビンクスアストロメク・ドロイドR2-D2らと共に、アミダラ(この時彼女は女王であることを隠し、侍女のふりをしていた)はワトーのジャンク屋を訪れた。しかし、彼女たちは地元で通用する通貨を持っていなかったため、取り引きが成立せずにすぐに店を去っていった。その後、スカイウォーカーはで再び一行と再会し、セブルバとトラブルになっていたビンクスを救った。彼はもうすぐ砂嵐が来ることを伝え、彼女たちを自宅に招待した。[1]

Anakin Pod.png

ポッドレーサーを操縦するスカイウォーカー

ジンがジェダイであることに気付いたスカイウォーカーは、彼らがタトゥイーンを訪れた理由を尋ねた。ジンが理由を打ち明けると、スカイウォーカーは翌日に控えていたブーンタ・イヴ・クラシックのポッドレースに優勝して彼らの宇宙船の修理費用を提供すると申し出た。スカイウォーカーの特別な力に気付いていたジンは、アミダラの反対を押し切って少年の提案に乗った。その後、ジンはワトーと交渉を行い、優勝した場合の賞金の配分方法だけでなく、スカイウォーカーがレースに勝った場合には彼を奴隷から解放するという約束も取り付けた。[1]

翌日のレースで、スカイウォーカーはセブルバの妨害や、原住民サンド・ピープルによる攻撃を乗り越え、ジンの期待通り優勝に輝いた。スカイウォーカーのポッドを売却した後、ジンは少年に、彼がもはや奴隷ではなくなったことを教えた。スカイウォーカーは故郷を離れてジェダイになれることを喜んだが、ジンが自由にすることにできたのは彼だけで、母親のシミは奴隷のままだった。スカイウォーカーは、いつか必ず戻ってきて自由にすると約束し、母親のもとを去った。ナブーの宇宙船に乗りこむ直前、ジンとスカイウォーカーはシスの暗黒卿ダース・モール襲撃された。ライトセーバーの対決は引き分けに終わり、ジンは何とか離陸中の宇宙船に飛び乗って逃げ切ることが出来た。その後スカイウォーカーは、ジンのパダワンで、後に彼の師匠となるオビ=ワン・ケノービとの初対面を果たした。[1]

ナブーの戦い

「アナキン、これはあなたの前に敷かれた道よ。自分ひとりで決めなさい」
―シミ・スカイウォーカー[出典]
High Council Chamber.png

評議会のテストを受けるスカイウォーカー

コルサントへ向かう宇宙船の中で、スカイウォーカーはアミダラにジャポーの木を彫ったペンダントを贈った。コルサントに到着後、スカイウォーカーはジェダイ・テンプルへ連れて行かれ、ジェダイ最高評議会で素質をテストされた。ジェダイ・オーダーグランド・マスターであるヨーダは、この少年が心の中に恐怖を抱えていると指摘した。マスター・メイス・ウィンドゥは、スカイウォーカーが歳を取りすぎていることを理由に、訓練すべきでないと発言した。しかし、銀河元老院で進行中の最高議長選挙や、ジンを襲撃したシス卿の問題が優先され、スカイウォーカーの今後についての判断は後回しとなった。アミダラ女王は元老院の対応に愛想を尽かし、故郷に戻ってフェデレーションと戦う決意を固めた。スカイウォーカーはジンやケノービと共に女王に同伴することになった。[1]

ナブーに戻った後、アミダラはグンガンを味方につけるため、ボスナスのもとへ赴いた。この時、スカイウォーカーが侍女パドメだと思っていた女性こそ、アミダラ女王その人だったことが発覚した。ナブー人とグンガンの間に同盟が結ばれた後、惑星を解放するための作戦が話し合われた。グンガンがバトル・ドロイド軍との戦いを引き受け、その隙に女王とジェダイのチームが占領下の首都シードに潜入し、N-1スターファイターを発進させて軌道のドロイド司令船を破壊することになった。女王たちがハンガーを制圧した後、クワイ=ガン・ジンは安全のためスターファイターのコックピットに隠れているようスカイウォーカーに命じた。[1]

Anakin Naboo Battle.png

戦闘機に乗って戦うスカイウォーカー

女王たちの前に立ちふさがったドロイデカを破壊するため、スカイウォーカーはスターファイターを発進させた。しかし、戦闘機はオートパイロットで軌道に向かうよう設定されており、彼はそのまま宇宙で繰り広げられていた戦いに参加することになった。R2-D2の助けを借りて手動操縦に切り替えた後、スカイウォーカーはターボレーザー砲ドロイド・スターファイターの砲火をかわし、偏向シールドが解除されたタイミングでドロイド司令船のハンガー・ベイに飛び込んだ。彼は艦内で魚雷を発射し、ドールテイ・ドファイン艦長を務めるこの司令船を破壊した。スカイウォーカーの活躍によって地上にいたバトル・ドロイド軍は機能を停止し、フェデレーションは降伏に追い込まれた。ナブーの戦いは地元民の勝利に終わったが、クワイ=ガン・ジンはシスダース・モールとの対決で命を落とした。[1]

フェデレーションが撤退した際、スカイウォーカーは元ナブー代表元老院議員で、最高議長に選出されたばかりのシーヴ・パルパティーンと対面した。世間一般には知られていなかったが、パルパティーンの正体はダース・シディアスという名のシスの暗黒卿で、彼こそダース・モールを訓練したシス・マスターだった。パルパティーンはミディ=クロリアンによって生み出されたフォースの強い少年に興味を抱き、彼の将来を注意深く見守るつもりだと語った。その後、ジンの遺志に従い、モールを倒してジェダイ・ナイトになったオビ=ワン・ケノービがスカイウォーカーを訓練することになった。反対していたヨーダも最後は折れ、少年の訓練に同意した。[1]

ジェダイの弟子

アミダラとの再会

「僕に理性的になれと言うのか。それこそ不可能だ。信じて欲しい、出来ることなら感情なんてどこかへ捨て去ってしまいたいんだ。でもそれができないんだ」
―パドメ・アミダラに対し、アナキン・スカイウォーカー[出典]
Anakin Padme Reunite.png

10年ぶりの再会

ナブー危機から10年が過ぎた頃、銀河共和国は元ジェダイ・マスターのドゥークー伯爵率いる分離主義運動に直面していた。この新たなる危機を受け、元老院では軍隊創設法案の必要性が話し合われた。この年、軍隊創設に反対するパドメ・アミダラ元老院議員(元女王)の暗殺未遂事件が発生した。パルパティーン議長とジェダイ・マスターの話し合いの結果、アンシオンの国境紛争の任務から戻ったばかりのケノービとスカイウォーカーにアミダラ議員護衛任務が割り当てられることになった。少年時代に初めて出会って以来、アミダラに恋焦がれていたスカイウォーカーは、10年ぶりとなる再会を喜んだ。与えられていた任務は議員の護衛に過ぎなかったが、スカイウォーカーは暗殺者を必ず見つけ出すと発言し、ケノービからたしなめられた。[2]

その夜、賞金稼ぎザム・ウェセルが再びアミダラの命を狙った。ウェセルに指示を出していたのはジャンゴ・フェットで、彼らの黒幕はトレード・フェデレーションのヌート・ガンレイやドゥークー伯爵だった。ウェセルはドロイドを使って毒虫コウハンをアミダラの寝室に放ったが、フォースで異変に気付いたスカイウォーカーが室内に踏み込み、ライトセーバーでコウハンを殺した。ケノービは窓を割って屋外に飛び出し、毒虫を運んできたドロイドに掴みかかった。スカイウォーカーはエアスピーダーを調達してケノービの後を追い、ウェセルがドロイドを狙撃して破壊した際、コルサントの摩天楼を落下するマスターを回収した。その後、スカイウォーカーはウェセルのエアスピーダーに飛び乗り、暗殺者が変身種族であることを確認した。ウェセルの機体はコルサントの歓楽街に墜落し、スカイウォーカーとケノービは彼女を追ってアウトランダー・クラブに足を踏み入れた(その際、ケノービは追跡中にライトセーバーを落としたことについて弟子を注意した)。ふたりはウェセルを捕まえたが、ジャンゴ・フェットはセーバーダートを使って遠距離から彼女の口を封じた。[2]

AnakinPadmeKiss-AOTC.jpg

アミダラとのファーストキス

その後、ケノービは賞金稼ぎの追跡を任され、スカイウォーカーは安全のため故郷に戻ることになったアミダラ議員に同伴することになった。ふたりきりで過ごす時間の中で、スカイウォーカーはアミダラに対する慕情を募らせ、アミダラもまたこのジェダイ・パダワンに惹かれていった。ふたりはナブーの湖水地方にあるヴァリキーノでファーストキスを交わしたが、アミダラは元老院議員とジェダイが禁じられた関係に陥ってしまうことを畏れていた。アミダラは周囲から関係を生きていくことなど不可能だと語り、自分の未来を捨ててはならないとスカイウォーカーに言った。[2]

この頃、スカイウォーカーは故郷の母親が拷問されている悪夢に悩まされていた。苦しむ母親が心配になったスカイウォーカーは、議員を守る任務を放棄してでも、故郷に戻ることを決意した。するとアミダラは彼女も一緒にタトゥイーンへ向かうと申し出た。[2]

帰郷と母の死

「誰にもどうにも出来ない事柄があるわ。アニー、あなたは全能じゃない」
「でもそうあるべきだ! いつかそうなってみせる。いつか史上最強のジェダイ・ナイトになる。約束するよ。人びとを死から救う術も学ぶ」
―パドメ・アミダラとアナキン・スカイウォーカー[出典]

タトゥイーンに戻ったスカイウォーカーは、かつての主人だったワトーと再会し、シミは何年も前に彼の奴隷ではなくなっていたことを知った。クリーグ・ラーズという名の水分抽出農夫がシミを気に入ってワトーから買い取り、彼女を妻として迎えたのである。ラーズ家水分農場に到着したスカイウォーカーとアミダラは、そこでC-3POと再会し、クリーグやその息子のオーウェン、オーウェンのガールフレンドであるベルー・ホワイトサンと知り合った。クリーグは、義理の息子に衝撃の真実を教えた。シミ・スカイウォーカーは1か月ほど前にタスケン・レイダーに誘拐されてしまったのだという。救出作戦も失敗し、クリーグはその時に足を失ってしまっていた。シミはもう生きてはいないだろうという義父の言葉を無視し、スカイウォーカーはタスケン・レイダーのキャンプへ向かった。[2]

Anakin Skywalker slaughters Tusken Raiders.png

タスケン・レイダーへの復讐

スカイウォーカーは母親を探しだしたが、タスケンによって拷問されていたシミは、既に虫の息だった。シミは息子との再会を喜び、愛していると告げた後、彼の腕の中で息を引き取った。その後、怒りに突き動かされたスカイウォーカーは、女子供も含め、キャンプにいたタスケンを皆殺しにしてしまった。母親の亡骸をラーズ農場に持ち帰ったスカイウォーカーは、愛する人を救うことが出来ない自らの非力さを嘆いた。彼はいつか最強のジェダイになり、人びとを死から救ってみせるとアミダラに誓った[2](スカイウォーカーはタスケンを虐殺したことをアミダラに教えたが、他の人びとはこの事件を知らなかった。しかし、彼は後に親しい友人であるパルパティーン最高議長にもこの事を教えた[3])。

その後、ジオノーシスにいるケノービからアミダラの宇宙船に連絡が入った。彼は賞金稼ぎの手掛かりを求めて惑星カミーノへ赴き、そこでクローン軍団が製造されていたことを突き止めた後、ジャンゴ・フェットを追ってジオノーシスにたどり着いた。ケノービはこの星で、ドゥークー伯爵と独立星系連合の幹部たちが、共和国と戦うためのドロイド軍を準備していることを知った。ジェダイ評議会との通信中、ケノービはバトル・ドロイドによって捕えられた。スカイウォーカーとアミダラは、評議会からの指示に逆らい、ケノービを救うためジオノーシスへ向かった。[2]

ジオノーシスの戦い

「これが君の言う外交的決着かい?」
「いいえ、過激な交渉よ」
―アナキン・スカイウォーカーとパドメ・アミダラ[出典]
Duel in the Geonosian Hangar.jpg

ドゥークー伯爵との対決

ジオノーシスに到着後、スカイウォーカーとアミダラはジオノージアンやドロイドによって捕えられ、ケノービと一緒にペトラナキ・アリーナで処刑されることになった。しかし、3人は猛獣アクレイネクスーリークの攻撃を何とか凌ぎ、処刑を生き延びた。間もなく3人はドロイデカに包囲されたが、その時、マスター・メイス・ウィンドゥ率いるジェダイの救出チームが処刑アリーナに姿を現した。ドゥークー伯爵はアリーナにバトル・ドロイドの大軍を投入し、ジェダイとドロイドの熾烈な戦いが始まった。[2]

ジェダイは圧倒的な砲火の前に倒れていき、最後まで生き残っていた数十名も、最終的にアリーナの中央に追い詰められてしまった。ウィンドゥに降伏の意志が無いことが判ると、ドゥークーはドロイドにジェダイの始末を命じようとした。ところが、マスター・ヨーダ率いるクローン軍団がジオノーシスに駆け付け、ジェダイの生存者を救った。共和国で軍隊創設法が可決したことを受け、ヨーダはカミーノアンからクローン軍を受け取り、ジオノーシスの戦場へ駆け付けたのだった。戦場は処刑アリーナから、外に広がる砂漠地帯に移った。スカイウォーカーとケノービは戦場から逃亡しようとするドゥークーを追い、格納庫で対決に臨んだ。しかし、ドゥークーことシスの暗黒卿ダース・ティラナスは、血の気の多いスカイウォーカーをフォース・ライトニングで容易に片づけた。スカイウォーカーは立ち上がって再びシス卿に挑戦したが、ライトセーバーで右腕を切断され、敗北した。その後、ドゥークーはヨーダとの対決を切り上げてジオノーシスから逃げ去った。[2]

APwedding.jpg

スカイウォーカーとアミダラの結婚

銀河共和国の勝利に終わったジオノーシスの戦いの後、スカイウォーカーは右腕にサイバネティックスの義手を移植した。その後、スカイウォーカーとアミダラは、ファーストキスを交わしたのと同じ場所、ナブーの湖水地方にあるヴァリキーノで、秘密の結婚式を挙げた。この結婚式に立ち会ったのは、大神官のマキシロン・アゴラーガを除けば、ドロイドのC-3POとR2-D2だけだった。ジェダイ・コードに反したふたりの結婚は、スカイウォーカーの師匠であるケノービはもちろん、アミダラの家族や友人にも秘密にされていた。[2][4]

ジオノーシスの戦いがきっかけとなり、銀河共和国と独立星系連合の間にクローン戦争が勃発した。スカイウォーカーを含むジェダイ・オーダーのメンバーは、共和国グランド・アーミージェダイ将軍としてクローン・トルーパーを指揮し、銀河系の各地で分離主義勢力と戦うことになった。

クローン戦争

Wiki-shrinkable.pngこのセクションの編集は不完全です。記事の編集が求められます。

クローン戦争中、アナキン・スカイウォーカーはジェダイ・ナイトに昇格した。彼はアソーカ・タノという名のトグルータの少女をパダワンに取り、ケノービやクローン・キャプテンレックスと共に数多くの戦場で活躍した。戦争中、タノはジェダイ・テンプルの爆破や殺人の濡れ衣を着せられ、共和国軍によって拘束された。スカイウォーカーは真犯人がバリス・オフィーであることを突き止め、弟子の潔白を証明したが、タノはもはやジェダイ・オーダーを信頼できなくなっていた。スカイウォーカーの弟子は、ジェダイへの再加入を断り、別の人生を探すため去っていった。

ダース・ヴェイダーの誕生

議長救出任務

「すぐに新しい弟子がやってくる…ずっと若く、遥かに強い弟子がな」
ダース・シディアス[出典]
DeathOfTyranus.png

ドゥークーを殺したスカイウォーカー

クローン戦争の3年目、独立星系連合は共和国の首都惑星であるコルサントを急襲し、パルパティーン最高議長を誘拐することに成功した。しかし、連合軍が撤退する前に、コルサントの上空で激しい艦隊戦が始まった。スカイウォーカーとケノービは、イータ2アクティス級軽インターセプターに乗り込んで議長の救出に向かった。ふたりはドロイド・スターファイターやバズ・ドロイドの攻撃を凌ぎ、議長が連れ去られたグリーヴァス将軍の旗艦、プロヴィデンス級キャリアー/デストロイヤーインヴィジブル・ハンド>に乗り込んだ。彼らは罠であると知りながら、パルパティーンが監禁されているデッキに足を踏み入れた。そこでは、ドゥークー伯爵がふたりを待ち受けていた。ケノービは伯爵の攻撃で気を失ったが、スカイウォーカーは一対一の対決で勝利を収めた。敗北したシス卿は、武器を失ってスカイウォーカーの前に跪いた。パルパティーンはスカイウォーカーに伯爵を殺すよう命じ、彼は迷ったが結局命令に従った。この時、パルパティーンことシスの暗黒卿ダース・シディアスは、年老いたドゥークーを裏切り、もっと若くて力の強い弟子を手に入れようと企んでいた。[3]

スカイウォーカーはパルパティーンを解放し、意識を取り戻したケノービと共に脱出を試みたが、艦内でバトル・ドロイドに包囲された。彼らはグリーヴァス将軍の待つブリッジへ連行されたが、フォースでライトセーバーを取り戻し、バトル・ドロイドやマグナガードと戦った。形成が不利になったことを悟ったグリーヴァス将軍は、ブリッジの窓を破って逃げ出した。グリーヴァスが全ての脱出ポッドを射出したため、ジェダイと最高議長はコルサントに墜落中の<インヴィジブル・ハンド>に取り残されてしまった。スカイウォーカーは止むを得ず燃え盛る軍艦を操縦し、何とか不時着を成功させた。議長とスカイウォーカー、ケノービは、マスター・ウィンドゥや元老院議員たちに迎え入れられた。スカイウォーカーは議員たちとの会話を途中で切り上げ、妻のアミダラと再会した。この時、彼は妻から妊娠を打ち明けられた。[3]

シス卿の誘惑

「彼はシスを倒し、フォースにバランスをもたらす存在では?」
「予言ではそうなっている」
「予言の読み違いということも有り得る」
オビ=ワン・ケノービメイス・ウィンドゥヨーダ[出典]

コルサントの戦いの後、スカイウォーカーは妻のアミダラが出産時に命を落としてしまう悪夢を見るようになる。かつて母親が死ぬ悪夢が現実となったこともあり、彼はこの予兆に深く心を悩ませた。スカイウォーカーはグランド・マスターヨーダにこの事を相談したが、フォースのダークサイドを警戒し、死の定めを受け入れよという老マスターの答えは、彼にとって何の役にも立たないものだった。[3]

Tragedy.jpg

スカイウォーカーにダース・プレイガスの物語を聞かせるパルパティーン

また、スカイウォーカーはかねてから親しくしていたパルパティーン議長と面会を重ねた。しかし、ジェダイ評議会は戦争を利用して権力を拡大していく最高議長を快く思っていなかった。そんな中パルパティーンは、スカイウォーカーをジェダイ評議会における自分の代理人にして欲しいと要請した。評議会は止むを得ずパルパティーンからの指名を受け入れ、スカイウォーカーを評議員にしたが、彼にマスターの称号は与えなかった(ジェダイ・ナイトのまま評議員になるというのは、ジェダイの歴史でも前例の無いことだった)。その後、スカイウォーカーはケノービに不満をぶつけた。その際、ケノービから最高議長をスパイするよう言い渡されたことで、スカイウォーカーの評議会に対する不信感は決定的なものになった。[3]

スカイウォーカーはモン・カラマリ・バレエ団による『白イカの湖』が上演中のギャラクシーズ・オペラ・ハウスでパルパティーンと会い、クローン情報部がグリーヴァス将軍の居場所を突き止めたことを知らされた。続けて最高議長は、ジェダイ評議会に対する疑念を口にした。スパイ任務を命じられたばかりのスカイウォーカーは、彼自身も評議会に不信感を抱いていることを認めた。その後、ふたりはジェダイとシスの性質について話し合った。パルパティーンは彼に“賢者ダース・プレイガス悲劇”を語って聞かせた。スカイウォーカーは、プレイガスが達成したという死を免れる技術に興味を持ったが、最高議長はジェダイからその技術を学ぶことは不可能だと語った。その後、スカイウォーカーは評議会にグリーヴァスの居場所を伝えた。彼は自分こそグリーヴァス討伐任務に相応しいと考えていたが、評議会のマスターたちはケノービを任務に割り当てた。ケノービは別れ際にスカイウォーカーのことを誇りに思っていると語り、評議会も近いうちに彼を認めてくれるだろうと告げた後、ウータパウ星系へ発った。[3][4]

転向と粛清

「今日より名前を変えるがよい。ダース…ヴェイダーと」
―ダース・シディアス[出典]
Bowing before a New Master.jpg

ダース・ヴェイダーの誕生

スカイウォーカーは議長にウータパウの戦いが始まったことを伝えた。戦いに参加できなかったことに不満を持つスカイウォーカーに対し、パルパティーンはジェダイの偏狭さを指摘した。パルパティーンは自分がシスの暗黒卿であることを明かし、フォースのダークサイドを学び、妻を死から救う術を身に着けるよう言った。衝撃を受けたスカイウォーカーは、ライトセーバーを起動して暗黒卿に向けたが、彼を攻撃することが出来なかった。スカイウォーカーは葛藤を抱えながらジェダイ・テンプルに戻り、メイス・ウィンドゥに最高議長の正体を報告した。ウィンドゥは3人のマスター(エージェン・コーラーキット・フィストーサシー・ティン)を率いて議長のもとへ急ぎ、スカイウォーカーにはテンプルに留まるよう指示した。[3]

しかし、パルパティーンの死と共に妻の命を救う手段が失われることを恐れたスカイウォーカーは、ウィンドゥの言いつけを破って議長の部屋へ向かった。スカイウォーカーが到着した時、ウィンドゥを除く3人のマスターは既に命を落としていたが、ウィンドゥは一対一の戦いでパルパティーンを破り、窓際に追い詰めていた。スカイウォーカーはシディアスを捕まえて裁判にかけるべきだと主張したが、ウィンドゥはライトセーバーを振り下ろしてシス卿に止めを刺そうとした。妻の命を救う希望を守るため、スカイウォーカーはウィンドゥを攻撃し、彼の右腕を切り落とした。すると、シディアスはフォース・ライトニングでこのジェダイ・マスターに止めを刺した。スカイウォーカーは自分がしたことの重大さに動揺を隠せずにいたが、シディアスの弟子となり、ダークサイドの道を学ぶことに同意した。シディアスはこの若く強力な弟子に「ダース・ヴェイダー」という新しい名前を与えた。[3]

Knightfall2.png

ジェダイ・テンプルを襲撃するヴェイダー

シディアスは全てのジェダイがいまや国家の敵になったと宣言した。ダース・ヴェイダーに与えられた最初の任務は、ジェダイ・テンプルにいるジェダイを皆殺しにすることだった。また、シディアスは銀河系各地に散らばっているジェダイを抹殺するため、クローン・トルーパーにオーダー66の実行を命じた。ヴェイダーは第501軍団のクローン兵士を率いてテンプルを襲撃し、シン・ドローリグといったマスターから幼い訓練生に至るまで、あらゆるジェダイを抹殺した。テンプル襲撃が成功に終わった後、ヴェイダーは惑星ムスタファーで分離主義勢力の幹部たちを処刑するよう命じられた。莫大な権力を握り、いまやヴェイダーという新しい弟子も手に入れたダース・シディアスにとって、分離主義評議会はもはや用無しになっていたのである。コルサントを離れる直前、ヴェイダーはアミダラのもとを訪れ、ジェダイ・オーダーが共和国を転覆させようとしたが、自分は共和国と議長のために忠誠を尽くすつもりだと説明した。事の成り行きに恐怖するアミダラに対し、ヴェイダーはこれからムスタファー星系へ向かい、クローン戦争に終止符を打つつもりだと語った後、コルサントを離れた。[3]

ムスタファーの対決

「彼女が裏切るよう仕向けたな!」
「お前自身が招いたことだ」
「彼女は僕のものだ!」
「お前の怒りと力への渇望がそうさせたのだ! お前の心に暗黒卿が付け入る隙を与え…いまや本来倒すと誓った存在に自分が成り果てた」
―ダース・ヴェイダーとオビ=ワン・ケノービ[出典]
Anakinchoke.png

アミダラの首を絞めるヴェイダー

シディアスの命令通り、ヴェイダーはムスタファーでヌート・ガンレイサン・ヒルシュ・マーイポグル・ザ・レッサーワット・タンバーパッセル・アージェンテポ・ヌードーといった独立星系連合の指導者たちを抹殺した。同じ頃、パルパティーンは銀河元老院で緊急議会を招集し、反逆者であるジェダイ・オーダーの討伐と、共和国に代わる新政府銀河帝国の誕生を宣言した。元老院議員の大半は、銀河皇帝となったパルパティーンの改革を拍手で受け入れた。[3]

ヴェイダーはシディアスの指示通り独立星系連合のドロイド軍を停止させるためのメッセージを送った。これにより、3年間続いたクローン戦争は共和国/帝国の勝利に終わった。その後、夫の身を案じるパドメ・アミダラがムスタファーへやって来た。彼女は、アナキン・スカイウォーカーがダークサイドに転向したことをケノービから知らされていた。アミダラは、全てを捨ててどこかに身を隠し、そこで子どもを育てようと提案したが、ヴェイダーは聞く耳を持たなかった。ヴェイダーは銀河は自分たちの思うままだと発言し、アミダラを驚かせた。彼女は夫の変わりように恐怖したが、ヴェイダーは彼女の後ろに現れたオビ=ワン・ケノービを目にし、激怒した。妻が自分を殺すためケノービを連れてきたのだと判断したヴェイダーは、フォースを使って彼女の首を絞めた。[3]

Anakin vs Obiwan.jpg

ムスタファーの対決

オーダー66を生き延びたケノービは、ジェダイ・テンプルの保安記録でスカイウォーカーの転向を知り、いまやシス卿となったかつての弟子を殺す覚悟を決めていた。短い会話を交わし、互いに説得が不可能であることが判ると、ヴェイダーとケノービはライトセーバーの対決に臨んだ。戦闘中、分離主義勢力の施設のシールド・システムが破壊され、建築物がムスタファーの溶岩流に沈み始めた。ふたりは戦場を建物の外に移し、崩壊する建造物を移動しながら、激しい戦いを繰り広げた。溶岩流の上を移動するドロイドに乗って切り結んだケノービは近くの高い土地に飛び移った。ケノービは地の利を巧みに使い、飛びかかって来たヴェイダーの手足を一瞬のうちに切断した。[3]

身動きが取れなくなったかつての弟子を前に、ケノービはこのような結末になってしまったことを嘆いた。ケノービはアナキン・スカイウォーカーを弟同然に愛していたと告げ、溶岩に焼かれて苦しむヴェイダーから目を逸らした。ケノービは手足を失ったヴェイダーがこのまま炎に焼かれて死ぬだろうと考え、彼のライトセーバーを回収してムスタファーから去っていった。しかし、ケノービの予想に反しヴェイダーは生き残った。新しい弟子の危険を察知したダース・シディアスが火山の惑星に駆け付け、ヴェイダーを救出したのである。彼はシャトルに乗せられ、治療のためコルサントにある医療センターへ運ばれた。[3]

暗黒卿の復活

「そなたの激しい怒りが彼女を殺したようだ」
「私が?そんなはずはない。彼女は生きていた。感じたんだ!」
―シディアスとヴェイダー[出典]
Ani01.png

ダース・ヴェイダーのサイボーグ手術

手足を失い、全身に大やけどを負っていたヴェイダーは医療ドロイドによる手術を受け、生命維持装置でもある黒いヘルメットとアーマーに身を包んだサイボーグに生まれ変わった。手術が終わった後、ヴェイダーはダース・シディアスに妻パドメ・アミダラの所在と安否を尋ねた。シディアスは、ヴェイダーの激しい怒りが彼女を殺してしまったようだと答えた。ヴェイダーは悲痛のあまり絶叫し、フォースの力で周囲の機材を破壊した。シディアスは激しい感情に駆られて叫ぶ弟子の姿を見て笑みを漏らした。しかし、皇帝もヴェイダーも知らなかったが、アミダラは死ぬ直前に小惑星ポリス・マサの医療施設に運ばれ、ヴェイダーの双子を出産していた。アミダラは赤ん坊にルークレイアという名前を付けた後、夫にはまだ善の心が残っているとオビ=ワン・ケノービに告げ、息を引き取った。[3]

Moff Tarkin.png

デス・スター建造を監督する皇帝パルパティーンとダース・ヴェイダー

ジェダイ・マスターのヨーダとケノービは、ダース・ヴェイダーの子どもたちの存在を銀河帝国やシスの暗黒卿から隠すことに決めた。相談の結果、女の子のレイアは惑星オルデランクイーンブレハベイル・オーガナ元老院議員夫妻が引き取り、男の子のルークはスカイウォーカーの義理の家族である惑星タトゥイーンのオーウェンベルー・ラーズ夫妻に預けられることになった。アミダラの遺体は妊娠したまま死んだように偽装され、故郷ナブーで葬儀が行われた。ヨーダとケノービたちもまた、シスの帝国を倒すための適切な時期が訪れるまで姿を消すことに決めた。ヨーダは惑星ダゴバで隠遁生活を送り、ケノービは“ベン”という名前を名乗ってタトゥイーンでルーク・スカイウォーカーの成長を見守ることに決めた。[3]

ダース・ヴェイダーは皇帝パルパティーンの右腕を務め、新たに誕生した銀河帝国の執行者となった。[5] クローン戦争終結から間もなく、ヴェイダーと皇帝は帝国宇宙軍の所属となったヴェネター級スター・デストロイヤーに乗り、建造中の深宇宙機動性バトル・ステーションデス・スター”を視察した。[3] これはクローン戦争以前から設計が進められていた超兵器で、ウィルハフ・ターキン(皇帝は彼をモフに任命した)の監督のもと建造が進められていた。帝国誕生後の初期の任務で、ヴェイダーは惑星マーカナに赴いた事があった。また、彼はモフ・ターキンと共に何度か任務を遂行した。[5]

帝国の執行者

ライロスの反乱

Wiki-shrinkable.pngこのセクションの編集は不完全です。記事の編集が求められます。

バーチ・テラーの反乱

「われわれ三人が――おまえとターキンと私が、つまり言うなれば帝国の建設者が――銀河のごく小さな一部でしかない宙域の出身だということに驚かないかね? ナブー、タトゥイーン、エリアドゥ……どれも三十度とない弧のなかに収まる」
―ヴェイダーに対し、パルパティーン[出典]

銀河帝国の創設から約5年後、モフ・ターキンが指揮を執るセンチネル基地が何者かに襲撃される事件が起きた。センチネル基地は辺境に位置していたが、建造中のデス・スターの物資供給を支える重要拠点だった。ターキンが皇帝の呼び出しを受けてコルサントにやって来た時、ヴェイダーは帝国保安局ハルス・アイソン副長官を引き連れ、インペリアル・パレスの法廷で犯罪者たちを前に演説をしていた。彼らは今までコルサントを根城に活動していた犯罪者たちだったが、ヴェイダーは時代は変わったのだと宣言し、活動拠点をアウター・リムに移さなければ帝国刑務所で長期刑に服すことになるだろうと脅迫した。彼らへの見せしめとして、ヴェイダーはレベル1331の長官を務めるトワイレックフォカ・スートを職務怠慢を理由にその場で処刑した。集会を解散させた後、ヴェイダーはマス・アミダ大宰相とターキンのもとへ近づいた。アミダは気に入らない者をすぐに殺すのは慎むよう礼儀正しく依頼したが、ヴェイダーは考えておくとだけ答え、隣にいるターキンとデス・スター計画の進捗状況について話し合った。[5]

皇帝とターキンの一対一の面会が終わった後、ヴェイダー、ターキン、アミダは帝国ルーリング・カウンシルの会合に参加した。保安局や宇宙軍情報部の重鎮から成る統合本部も交えた話し合いが始まると、アイソン副長官は惑星マーカナで大量の通信装置が発見されたと報告した。保安局のウルフ・ユラーレン大佐は反乱分子がプロパガンダ放送を企んでいるのではないかと懸念していた。帝国の指導者たちは、マーカナの通信装置が脅威となり得る可能性や、センチネル基地襲撃事件との関連性について話し合った。宇宙軍情報部のドッド・ランシット中将は、この事件の背後にはプロパガンダ以上に邪悪な何かが隠されているというターキンの主張を支持した。その後、皇帝はヴェイダーとターキンをマーカナの調査任務に派遣することに決めた。任務遂行に当たりヴェイダーはマーカナへ向かうターキンのコルベットキャリオン・スパイク>に自分の瞑想室を積み込んだ。[5]

Tarkin-Vader.jpg

惑星マーカナに到着したヴェイダーとウィルハフ・ターキン

マーカナに到着後、ヴェイダーとターキンが不審な施設を調査していた時、謎の反乱分子によって<キャリオン・スパイク>が盗み出された。ヴェイダーとターキンは別の船を手に入れるためスーギの犯罪王ファーザーを殺し、<パーセク・プレデター>で追跡を開始した。ヴェイダーは<スパイク>に積み込まれている瞑想室をフォースで探知して敵のジャンプ先を突き止め、ファイアル星系ガリドラーン星系へと順に移動した。ガリドラーン・ステーションにおける戦いの後、反乱分子は瞑想室を投棄してルカゼックへ逃げ去り、タッグ社の施設を襲撃した。その後ヴェイダーたちはナム・コリオスでヴェネター級艦<リベレーター>に乗り移り、オード・マンテル造船所からやって来た戦闘機輸送船ゴライアス>と合流した。この輸送船にはヴェイダーが皇帝に要請したイータ2インターセプターが積み込まれていた。ヴェイダーとターキンは<スパイク>の巧みな逃亡を不審に思い、敵が帝国軍上層部の何者かから援助を得ているのではないかと予測した。ターキンは<スパイク>が燃料の補給に向かうはずだと判断し、消費量から逆算して行き先はパーケル宙域グロマスマンダロア宙域フィンダーのどちらかだろうと考えた。ヴェイダーは帝国上層部にグロマスで敵を待ち伏せるつもりだと報告し、フィンダーに移動した。予想通り<スパイク>はフィンダーに現れ、上層部に内通者がいることがほぼ確実になった。[5]

<スパイク>はまたしても逃げ延びたが、追尾装置を仕掛けられたうえ、深刻なダメージを負った。ヴェイダーたちは次の出現予測地点オブロア=スカイ星系で敵を待ち伏せたが、帝国のインターディクター艦が捕捉したのは<キャリオン>ではなく大量の宇宙船(そのほとんどが無関係の民間船)だった。ヴェイダーはそのうちの1隻、YT-1000軽貨物船レティセント>の船長をインペリアル級艦<エグゼキュートリクス>で拷問した。敵の狙いは追跡の手掛かりを失わせることにあったが、ターキンは数少ない情報をもとに、反乱分子の正体が元共和国情報部部員バーチ・テラーを始めとする旧共和国支持者たちだと突き止めた。また、ターキンはランシット中将が帝国の内通者であると推理し、ヴェイダーや皇帝もその意見に同意した。[5]

テラー一派がヌーエインを攻撃した後、ヴェイダーは<スパイク>の次の攻撃目標とされる惑星カリダを訪れた。カリダにある宇宙軍施設の静止軌道には、ランシットのセキューター級スター・デストロイヤーコンクエスト>が配置されていた。ターキンの推理は正しく、ランシットは帝国の機密を流していた内通者だったが、彼はカリダで反乱分子を裏切り、<スパイク>を撃墜して手柄を立てようと画策していた。しかしテラーはランシットの裏切りを予期しており、カリダには現れなかった。ヴェイダーは反乱分子への対処をターキンに任せ、<コンクエスト>でランシットの陰謀を暴いた。ヴェイダーはランシットを脱出ポッドに乗せて射出するようクレスト中尉に命じ、ランシット自身にポッドの破壊指令を出させるという処刑方法を採った。一方、ターキンは虚空領域ガルフ・オブ・タトゥイーンで反乱分子との戦いにけりを付けた。その後、皇帝、ヴェイダー、ターキンはインペリアル・パレスに集まり、今回の一件について話し合った。皇帝は辺境領域の締めつけを強化する必要があると判断し、ヴェイダーが見ている前でターキンを帝国の初代グランドモフに任命した。[5]

ロザルの反乱

「ロザルの民を締め上げ、裏切り者の居所を吐かせろ。誰かが知っているはずだ」
―ダース・ヴェイダー[出典]
Wiki-shrinkable.pngこのセクションの編集は不完全です。記事の編集が求められます。

ムスタファーへの訪問

Vader forve choking Krennic.png

クレニックにフォース・チョークを使うヴェイダー

0 BBY、ヴェイダーはムスタファーに自身のを建設しており、その中にはアーマーなしで生活するためのバクタ・タンクもあった。デス・スターによるジェダ・シティの破壊の直後、オーソン・カラン・クレニックがこの城を訪れ、デス・スターの設計者の一人であるゲイレン・アーソが裏切ったことや、巨大兵器の存在が反乱同盟に漏れたことなどをヴェイダーに説明した。ヴェイダーはクレニックに対しフォース・チョークを使った後、ジェダ・シティが破壊されたことについては、デス・スターの存在を隠すため表向きはカイバー・クリスタルの採掘の時に事故が起きたとすることに決めた。

銀河内戦

盗まれた設計図

反乱軍のスパイが、スカリフにある帝国安全管理施設に奇襲攻撃をかけたことにより、スカリフの戦いが勃発した。この戦いによって、デス・スター設計図が反乱軍の旗艦<プロファンディティ>に転送された。バトル・ステーションの弱点が発見されるのを恐れた帝国軍は、ダース・ヴェイダーに設計図の奪回任務を与えた。そして反乱軍がスカリフから逃げようとした時、ヴェイダーは彼の旗艦であるインペリアル・スター・デストロイヤーデヴァステイター>に乗ってスカリフに到着した。ヴェイダーが設計図を追う中、反乱軍トルーパーたちはなんとか、惑星オルデラン代表のプリンセスレイア・オーガナ元老院議員に設計図を渡すことに成功し、プリンセスが乗るCR90コルベットタンティヴIV>は、ベイル・オーガナの指示により、オビ=ワン・ケノービのいるタトゥイーンへ向かった。

設計図の追跡

「わたしは外交任務でオルデランに向かう途中の、帝国元老院の議員――」
「いや、反乱同盟軍の仲間で、帝国の反逆者だ! 彼女を連れていけ!」
レイア・オーガナとダース・ヴェイダー[6][出典]
Vaderpoint.jpg

ヴェイダーとプリンセス・レイア

<タンティヴIV>はヴェイダーの故郷であるタトゥイーンの上空で帝国軍に拿捕された。ストームトルーパー部隊が反乱軍の兵士たちを制圧した後、ヴェイダーは自ら<タンティヴIV>に乗り込み、レイマス・アンティリーズ船長を訊問した。アンティリーズは、自分たちは外交任務を帯びた使節だと最後まで言い張り、ヴェイダーに殺された。[7]

その後、船内に隠れていたレイア・オーガナがストームトルーパーに捕えられた。オーガナは潔白を主張したが、ヴェイダーは彼女が帝国の反逆者だと断言し、ストームトルーパーに連行を命じた。ジア指揮官は、帝国元老院の議員を捕えるのは危険なのではないかと意見したが、ヴェイダーは<タンティヴIV>が遭難したように見せかけ、元老院には乗組員が全員死亡したと報告するよう命じた。帝国の兵士たちは、船内で設計図を発見することが出来なかった。オーガナは捕まる直前に設計図をR2-D2C-3POに託し、脱出ポッドでタトゥイーンに逃がしていたのである。設計図を手にしたルーク・スカイウォーカーオビ=ワン・ケノービは、密輸業者ハン・ソロチューバッカの力を借り、地上の捜索部隊の追跡をかわしてタトゥイーンから脱出した。[7]

レイア・オーガナはデス・スターへと連行された。ヴェイダーはグランドモフ・ウィルハフ・ターキンと共にデス・スターの会議室で開かれていた話し合いに加わった。反乱軍が勢いを増すのではないかと懸念する将校に対し、ターキンは皇帝が元老院を解散させたという最新のニュースを伝えた。ヴェイダーは反乱軍がデス・スターの弱点を突き止めるのではないかと心配するカシオ・タッグ将軍に、間もなく設計図が帝国の手に戻るだろうと請け合った。これを聞いたコナン・アントニオ・モッティ提督は、設計図があろうが無かろうが、反乱軍がデス・スターの脅威になることは無いと発言した。ヴェイダーは、フォースに比べれば惑星を破壊できる力など取るに足らないと答え、超兵器を過信しすぎないよう注意した。するとモッティは、フォースの力を侮辱してシスの暗黒卿を怒らせた。ヴェイダーはフォースでモッティの首を絞めたが、ターキンの制止を聞き入れ、苦しむ提督を解放した。[7]

ケノービとの対決

「これで決着をつけられる。あなたのもとを離れたときは、まだ学んでいる身だったが、今はマスターだ」
「邪悪なマスターにすぎんぞ、ダース」
―ダース・ヴェイダーとオビ=ワン・ケノービ[8][出典]

レイア・オーガナは、ヴェイダーの尋問やドロイドによるマインド・プローブを耐え抜き、反乱軍の秘密基地の場所を明かさなかった。するとターキンは、デス・スターの針路をオルデランにとるよう部下に命じた。グランドモフは反乱軍基地の場所を教えなければオルデランを破壊すると言ってプリンセスを脅迫した。オーガナは秘密基地がダントゥインにあると答えたが、ターキンは見せしめとして彼女の故郷を破壊した。しかし、その後の調査でダントゥインの情報は嘘であることが判明した。怒ったターキンはプリンセスの処刑を命じたが、間もなくタトゥイーンから脱出したハン・ソロのYT-1300軽貨物船ミレニアム・ファルコン>がデス・スターに捕えられ、処刑は先延ばしにされた。[7]

Obiwanvaderanhduel.png

ケノービとヴェイダーの対決

貨物船からは乗組員やドロイドが発見されなかったが、ヴェイダーは徹底的にスキャンして隅々まで調べるよう兵士に命じた。ヴェイダーはフォースの感覚でジェダイだった頃の師匠オビ=ワン・ケノービの存在を感じ取っていた。ターキンと会話中、プリンセスが捕えられている監房ブロックAA-23で警報が鳴った。ケノービと共にデス・スターにやって来たルーク・スカイウォーカーたちが、オーガナの救出を試みていたのである。ヴェイダーはケノービを一対一の戦いで始末すると宣言し、ターキンのもとを去った。[7]

ケノービは仲間たちのためにデス・スターのトラクター・ビーム発生装置を解除し、<ミレニアム・ファルコン>が格納されているハンガーへ戻る途中で、かつての弟子であるシスの暗黒卿と遭遇した。ムスタファーの対決以来19年ぶりに再会したふたりは、短い会話を交わした後、ライトセーバーの対決に臨んだ。シス卿は、いまや自分はマスターになったと宣言したが、ケノービは邪悪のマスターに過ぎないと一蹴した。ヴェイダーは年老いたジェダイ・マスターを圧倒した。ところがケノービは、たとえ敗北したとしても、ヴェイダーには想像もつかない力を手に入れることになるだろうと意味深に語った。一方、ルーク・スカイウォーカーたちはオーガナを独房から救出し、格納庫に戻ってきていた。<ファルコン>に向かうスカイウォーカーの姿を認めたケノービは、抵抗をやめ、ライトセーバーの刃を頭上に向けた。ヴェイダーは隙だらけのケノービを切り裂いたが、老マスターは死体を残さずに消滅した。[7]

ヤヴィンの戦い

「フォースが強いやつだ」
―ダース・ヴェイダー[出典]
Death star trench.png

ヴェイダーのTIEアドバンスト

<ミレニアム・ファルコン>にホーミング・ビーコンを仕掛けておいた帝国軍は、プリンセス・オーガナの逃亡をあえて見逃した。一方、オーガナもこれが罠であることに気付いていたが、すぐにでも設計図の分析を始めるため、ヤヴィン4にある反乱軍秘密基地に戻った。<ファルコン>を追ってヤヴィン星系に到着したデス・スターは、ガス巨星ヤヴィンの軌道に入り、第4衛星を射程範囲に捉えることができる位置に移動していった。デス・スターの弱点が赤道面の排熱孔にあることを突き止めた反乱軍は、XウイングYウイング・スターファイターから成る中隊を出撃させ、ヤヴィンの戦いが始まった。ステーションのターボレーザー砲では素早く飛び回る戦闘機を破壊できなかったため、ヴェイダーは自らTIEアドバンストx1に乗り込んでTIEファイター部隊を指揮し、反乱軍と戦った。ゴールド中隊による排熱孔攻撃を阻止した後、ヴェイダーはレッド中隊を率いるガーヴェン・ドレイス隊長を撃墜した。

隊長を失った後、ルーク・スカイウォーカービッグズ・ダークライターウェッジ・アンティリーズを従えて排熱孔へ続く子午線トレンチに突入した。ヴェイダーと2機のTIEファイターが彼らの背後を取り、ダークライター機を撃墜、アンティリーズ機を戦線離脱させたが、スカイウォーカーはなおも前進を続けた。この時、ヴェイダーは息子の存在を知らなかったが、前方を飛ぶ反乱軍パイロットが強いフォースの力を備えていることに気付いた。ヴェイダーはスカイウォーカーのXウイングを照準に捉えたが、戦場に駆け付けた<ミレニアム・ファルコン>が攻撃を妨害した。ヴェイダーのTIEは制御を失ってトレンチから飛び出し、スカイウォーカーはその隙にプロトン魚雷を排熱孔に命中させた。デス・スターは中央反応炉の爆発によって粉々になり、グランドモフ・ターキンを含む乗組員たちが命を落とした。

ヤヴィンの戦いで銀河帝国側の唯一の生存者となったヴェイダーは、デス・スターを破壊した反乱軍パイロットの正体を突き止めることに執念を燃やすようになった。

サイムーン1の戦い

「いるな。デス・スターを破壊した反乱軍のパイロットが…確かに感じるぞ。今回は逃がさぬ」
―ダース・ヴェイダー[出典]

ヤヴィンの戦いの数週後、ヴェイダーは犯罪王ジャバ・ザ・ハットとの交渉役に選ばれ、衛星サイムーン1にある帝国最大の武器製造施設兵器廠アルファへ赴いた。帝国は兵器廠に物資を輸送する際にハットの支配領域を通過したいと考えていたのである。しかしジャバが送った使節団は反乱軍によって拿捕され、変装した反乱軍襲撃チームがサイムーン1に潜入した。ラムダ級シャトルで兵器廠に着陸した後、ヴェイダーはフォースで異常事態を察知した。彼はチューバッカの狙撃をライトセーバーで防御し、衛星全体に警報を発するようストームトルーパーに指示した。また、ヴェイダーはデス・スターを破壊した反乱軍パイロットが攻撃に参加していることに気づいた。[9]

Vader bests luke.PNG

スカイウォーカーとヴェイダーの最初の対決

ヴェイダーはフォースを頼りにパイロットを見つけ出したが、そこにいたのは青いライトセーバーを手にした未熟な青年だった。青年の正体はヴェイダーの実の息子ルーク・スカイウォーカーだったが、この時はまだ2人ともその事実を知らなかった。ヴェイダーは青年と短い会話を交わし、彼がオビ=ワン・ケノービの弟子であることを知る。ケノービはルークに父親の真実を隠し、アナキン・スカイウォーカーを殺したのはヴェイダーだと嘘をついていた。ルークは暗黒卿に果敢に挑みかかったが、まったく太刀打ちできなかった。訓練を始めて間もなくケノービが殺されたため、ルークはほとんど技術を身に着けていなかったのである。ヴェイダーは青年を軽くあしらい、ライトセーバーを奪い取った。しかし青年に止めを刺そうとした時、ヴェイダーはそのライトセーバーがかつて自分の作った物であることに気づく。次の瞬間、反乱軍兵士の乗るAT-ATウォーカーが建物を破壊し、睨み合っていたヴェイダーと青年を離れ離れにした。反乱軍は兵器廠で働かされていた奴隷を解放し、建物を破壊しながら脱出を試みていた。[9]

ヴェイダーは逃げ惑う奴隷を容赦なく殺し、ストームトルーパーに反乱分子の掃討を命じた。戦闘中、先ほどの青年が74-Zスピーダー・バイクに乗ってトルーパーを蹴散らす姿を目撃したヴェイダーは、彼に止めを刺さなかったのは失敗だったと考えを改めた。その後、ヴェイダーはAT-ATウォーカーの脚をフォースで受け止め、操縦席にいるハン・ソロとレイアを驚かせた。彼はフォースを使ってウォーカーをバラバラにしようとしたが、至近距離で重レーザー砲の攻撃を受け、ヘルメットやルークから奪ったライトセーバーを落としてしまった。ヴェイダーはフォースを使って瓦礫の山から脱出し、ヘルメットを拾い上げたが、自分の素顔を見たストームトルーパーを始末した。[9]

Vader kills the walker.jpg

AT-ATウォーカーの破壊

ルークはヴェイダーが瓦礫の下に閉じ込められている隙にライトセーバーを持ち去り、反乱軍が鹵獲したAT-ATと合流した。ヴェイダーは兵器廠の監督官であるアガディーンを脅しつけ、何としても工場パワー・コアのメルトダンを食い止めるよう命令した。ヴェイダーはスピーダー・バイクに乗ったトルーパー部隊を率いて反乱分子の追撃を続け、ライトセーバーを使ってハン・ソロやレイアの乗るAT-ATの脚を切断し、機体を倒壊させた。アガディーンの増援部隊が到着すると、ヴェイダーは単独でルークの追跡に専念した。ルークは帝国が兵器廠のパワー・コアを復旧したことに気づき、たった1人で建物内部に戻っていた。ヤヴィンの戦いの時と同じように、ヴェイダーはインペリアル・コンバット・スピーダーに乗ってルークを背後から攻撃した。しかしルークはパワー・コアに致命的な一撃を与え、ヴェイダーの砲撃を凌いで兵器廠から逃げ去っていった。ヴェイダーは逃げ遅れて兵器廠の爆発に巻き込まれたが、フォースを使って建物の残骸や爆炎から身を守った。ヴェイダーが黒煙の外に出た時、本来の目的を果たしたルークと反乱分子たちは、ハン・ソロの<ミレニアム・ファルコン>に乗ってサイムーン1から飛び立っていった。[9]

<ファルコン>はサイムーン1の軌道でスター・デストロイヤー艦隊の封鎖を破った。その後、ヴェイダーは<ファルコン>を取り逃がした<アジャディケイター>のクロン艦長を処刑した。今回の事件を受け、ヴェイダーはオビ=ワン・ケノービの最後の弟子が強いフォースの持ち主であることを再確認した。しかしヴェイダーは青年の訓練がまだまだ不十分だと判断し、ダークサイドに誘惑すれば強力な手駒にできるだろうと考えた。[9] 帝国最大の兵器廠を失うという大失態を犯したヴェイダーは、アガディーン監督官を連れて皇帝の待つ惑星コルサントへ帰還する。[10]

皇帝の失望

「確かにターキンやモッティらにも落ち度はあった。なれど今、生きて我が怒りを受けているのはそなたのみぞ。左様、そなたは帝国史上最大の惨敗劇の、唯一の生存者なのだ」
ダース・シディアス[出典]
Darth Vader 6 Full.png

皇帝とヴェイダー

サイムーン1の戦いの後、ダース・ヴェイダーはコルサントのインペリアル・パレスに戻り、アガディーン監督官を皇帝に引き渡した。皇帝はヴェイダーがヤヴィンの戦いでデス・スターを守りきれなかったうえ、帝国最大の武器工場も失ったことに立腹していた。ヴェイダーはサイムーン1の失敗はアガディーンの責任だと考えていたが、皇帝は帝国史上最大の惨敗劇の唯一の生存者であるヴェイダーに怒りをぶつけた。皇帝は以前からデス・スターの脆弱性に警鐘を鳴らしていたカシオ・タッグ帝国地上軍大将軍に昇格させ、ヴェイダーは罰としてタッグの指揮下に格下げとなった。

ヴェイダーはタッグのもとへ向かう前に、ジャバとの交渉任務を完了するよう命じられた。タトゥイーンへ発つ直前、ヴェイダーは皇帝の秘密エージェントサイロIVの姿を目にした。ヴェイダーはエージェントの素性を尋ねたが、皇帝は彼が知る必要のないことだと答えた。皇帝はヴェイダーに、他に何か報告しておくべきことは無いかと質問した。ヴェイダーはデス・スターでオビ=ワン・ケノービの死体が消滅したことや、デス・スターを破壊したパイロットが強いフォースの持ち主であること、サイムーン1でそのパイロットと再会したことなどを話そうか迷ったが、秘密にしておくことに決めた。彼はインペリアル・スター・デストロイヤーに乗り込み、ハットとの交渉任務に出発した。

ホスの襲撃

「彼のフォースは強力だ。スカイウォーカーの息子を決してジェダイにしてはならん」
「こちら側に付ければ、頼もしい味方になるでしょう」
―皇帝パルパティーンとダース・ヴェイダー[出典]
Vader-on-Hoth.jpg

エコー基地に侵入するヴェイダー

3 ABY、反乱軍はの惑星ホスエコー基地と呼ばれる司令本部を設置していた。反乱軍を捜索していたヴェイダーは、辺境領域にプローブ・ドロイドを派遣した。そのうちの1体はホス星系を調査し、不審な施設と生命体の存在をスーパー・スター・デストロイヤーエグゼクター>に報告した。ケンダル・オッゼル提督密輸業者の居住地か何かだろうと考えたが、ヴェイダーはホスに反乱軍基地があるに違いないと断定し、デス・スコードロンにホス星系への出発を命じた。しかし、反乱軍は既にエコー基地を放棄する準備を進めていた。ヴェイダーは愚かな作戦を立てたオッゼル提督をフォースで絞め殺し、代わりにファーマス・ピエットを新しい提督に任命した。彼はエコー基地を守るエネルギー・フィールドの向こうに地上部隊を派遣し、艦隊に惑星を封鎖させ、反乱軍の脱出を阻止するようピエットに命じた。ヴェイダーの作戦に従い、マクシミリアン・ヴィアーズ率いる地上軍がホスの雪原に展開した。AT-ATAT-STウォーカースノートルーパーから成る帝国軍はエコー基地の防衛部隊を圧倒したが、反乱軍はイオン砲を駆使して中型輸送船を次々とホスから脱出させた。[11]

エコー基地のエネルギー・フィールドが消滅すると、ヴェイダーはスノートルーパーを引き連れて自らエコー基地に乗り込んだ。ヴェイダーが基地の格納庫に踏み込むのとほぼ同時に、ハン・ソロレイア・オーガナチューバッカC-3POらを乗せた<ミレニアム・ファルコン>が離陸し、逃げ去っていった。しかし、ハイパードライブが故障していた<ファルコン>はハイパースペースへ飛び込むことができず、ホスの小惑星帯で帝国の追っ手を撒こうとした。追跡を任されたインペリアル・スター・デストロイヤーアヴェンジャー>のロース・ニーダ艦長は、<ファルコン>が小惑星帯内で破壊されたはずだと考えたが、ヴェイダーは彼の見解を否定し、徹底的な捜索を指示した。その直後、皇帝シーヴ・パルパティーンから呼び出しを受けたヴェイダーは、鮮明な通信を行うため<エグゼクター>を小惑星帯の外へ移動させた。[11]

皇帝パルパティーンことダース・シディアスは、フォースの中に生じた乱れを懸念していた。シディアスはデス・スターを破壊した反乱軍パイロットがアナキン・スカイウォーカーとパドメ・アミダラの間に生まれた息子に違いないと考えていた。皇帝はフォースが強いルーク・スカイウォーカー青年がジェダイに成長する危険性を危惧していた。そんな皇帝に対し、ヴェイダーはルークをダークサイドに誘惑すれば強力な味方になるのではないかと提案した。シスの師弟は、ルークをシスにするか、それが無理なら殺すということで意見が一致した。しかし、シディアスはルークをヴェイダーに代わる新しい弟子にしようと企んでおり、一方でヴェイダーも、息子であるルークと協力してシディアスを倒そうと考えていた。[4][11][12]

クラウド・シティの罠

<ミレニアム・ファルコン>を捕まえるため、ヴェイダーは<エグゼクター>のブリッジに6名の賞金稼ぎボスクデンガーIG-88ザッカス4-LOMボバ・フェット)を集めた。<ファルコン>の乗組員を餌に使ってルーク・スカイウォーカーを誘き寄せようと考えていた暗黒卿は、間違っても標的を殺さないよう賞金稼ぎたちに念を押した。その後、<アヴェンジャー>は<ファルコン>を見失い、ヴェイダーは罰としてニーダ艦長を処刑した。しかし、暗黒卿に雇われたハンターのうち、ボバ・フェットがハン・ソロの使ったトリックを見破り、<スレーヴI>で<ファルコン>を追跡した。<ファルコン>は、ソロの旧友ランド・カルリジアンを頼りに惑星ベスピン採鉱植民地クラウド・シティに向かっていた。[11]

Vaderfettcloudcity.jpg

クラウド・シティにて、ヴェイダーとボバ・フェット

ヴェイダーとフェットは<ファルコン>よりも先にクラウド・シティに到着した。ヴェイダーはカルリジアン執政官と交渉し、帝国軍が採鉱植民地に手を出さない代わりに、反乱分子を騙して帝国に差し出すよう求めた。カルリジアンは、引き渡すのはソロだけで、他の者たちは自分に委ねるという条件で止むを得ず要求を呑んだ。カルリジアンは知らなかったが、ソロはフェットに引き渡されることになっていた。[11] ソロの首にはジャバ・ザ・ハットによる賞金が懸けられており、捕まえた後はタトゥイーンにあるハットの宮殿に運ばれる予定だった。[12]

<ファルコン>がクラウド・シティに到着した後、カルリジアンはヴェイダーやフェットが待ち受ける部屋にソロたちを案内した。ソロは素早くブラスターを引き抜いたが、ヴェイダーは銃弾を防御し、フォースで武器を取り上げた。息子のルークを誘き寄せるためソロを拷問にかけた後、ヴェイダーは反乱分子をクラウド・シティのカーボン凍結室に運んだ。ルークを捕まえたらカーボナイトで凍結するつもりだったヴェイダーは、ソロで冷凍技術をテストしようと考えたのである。実験は成功し、ソロは生きたまま完全な冬眠状態になった。ヴェイダーはソロをフェットに引き渡し、オーガナとチューバッカを自分の宇宙船に運ぶよう部下に命じた。カルリジアンは取り引きが破られたことに抗議したが、ヴェイダーは彼を脅迫して黙らせた。しかし、シス卿のやり方に不満を持ったカルリジアンは、オーガナやチューバッカを解放してクラウド・シティから逃げ出すことを決意した。[11]

真実の告白

「お前はダークサイドの力を知らぬ。オビ=ワンは父親のことを話さなかっただろう」
「全て聞いたさ! 貴様が殺したと」
「違う。わたしがお前の父親なのだ」
―ダース・ヴェイダーとルーク・スカイウォーカー[出典]
Lukevaderesb.png

クラウド・シティの対決

ハン・ソロのカーボン凍結が始まる直前、ヴェイダーはビウィル大佐からクラウド・シティにXウイングが接近していることを知らされた。彼の計画通り、ルーク・スカイウォーカーが友人たちを救うために罠に飛び込んできたのである。当時、ルークは沼の惑星ダゴバに住むジェダイ・マスターヨーダのもとでジェダイの修行を積んでいた。しかし、フォースを通して友人たちの苦難を予見したルークは、ヨーダやケノービの霊体の制止を振り切り、修行を中断した。ジェダイ・マスターたちはヴェイダーの正体がアナキン・スカイウォーカーであることをまだルークに明かしていなかった。ルークはフォースを頼りにベスピンに到着し、オーガナから罠を警告されたにも関わらず、ヴェイダーが待つカーボン冷凍室に足を踏み入れた。[4][11]

ヴェイダーとルークはライトセーバーを起動して対決に臨んだ。ヴェイダーは、息子が怒りや恐怖を自制する術を身につけたことに感心したが、まだジェダイと呼ぶには力が足りないと告げた。戦闘中、ルークがカーボン冷凍装置に落下すると、ヴェイダーはレバーを動かして彼をこのまま凍結しようとした。しかし、ルークは蒸気が噴き出した瞬間に跳躍し、難を逃れた。その後、ふたりは戦場を別の部屋に移した。ヴェイダーはフォースのテレキネシス能力で室内の装置を動かし、ライトセーバーを構える息子にぶつけた。この攻撃で部屋の窓が破壊され、ルークは突風で窓の向こうのシャフトへと投げ飛ばされた。[4][11]

Vader's revelation.png

真実を明かすヴェイダー

ヴェイダーとルークは、眼下に巨大なリアクター・シャフトが広がる細長い通路で最後の切り合いを繰り広げた。ヴェイダーはライトセーバーを持つ息子の右腕を切り落とし、対決に勝利した。暗黒卿は息子を通路の端に追い詰め、彼をダークサイドに誘惑した。ヴェイダーは、ふたりで力を合わせれば銀河系に秩序をもたらすことも可能だと語りかけたが、ルークは彼の言葉を聞き入れようとしなかった。頑として誘惑を拒むルークに、ヴェイダーはケノービから父親の話を聞いているかと尋ねた。ルークは、父親のアナキンがヴェイダーによって殺されたという嘘を教えられていた。ヴェイダーはその話を否定し、自分こそかつてのアナキン・スカイウォーカー、すなわちルークの父親なのだと明かした。ヴェイダーの言葉が真実であることを感じ取ったルークは、耐え切れなくなって自らを選んだ。手を差し伸べるヴェイダーを無視し、ルークはシャフトに身を投げた。[4][11]

しかし、ルーク・スカイウォーカーはカルリジアンやオーガナの乗る<ミレニアム・ファルコン>に救出された。<エグゼクター>に戻ったヴェイダーは、帝国軍から逃げようとする<ファルコン>をブリッジから眺めながら、フォースを通して息子に語りかけ、ダークサイドに加わることが運命なのだと告げた。<ファルコン>が逃げ去った後、ヴェイダーは黙ってブリッジから立ち去った。[11]

帰還

「行け、息子よ。私はもういい。」
「だめだ、一緒に来るんだ。こんなところへ置いていけないよ。助けなきゃ。」
「既に助ってくれた、ルーク。おまえが正しかった。おまえの言うとおりだった。妹にも伝えてくれ・・・おまえが正しかったと。」
―アナキン・スカイウォーカーとルーク・スカイウォーカー[出典]
4 ABY、帝国は第2デス・スターを建造中だった。ヴェイダーは、皇帝が視察に来る直前にエンドア星系を訪れ、ティアン・ジャージャロッドモフに対し建造を急ぐよう指示した。数週間後、皇帝が第2デス・スターに到着した際は、ヴェイダーはジャージャロッドらと共に皇帝を出迎えた。その後、スカイウォーカーを始めとする反乱軍の攻撃部隊が惑星サラストを出発し、エンドアへと向かった。その際ヴェイダーとスカイウォーカーは、フォースを通じて互いの存在を感じ取った。ヴェイダーはその事を皇帝に報告すると、彼らが乗るシャトルをそのままエンドアに着陸させるよう命じた。 その後スカイウォーカーはオーガナに対し、自分はオーガナの兄であり、本当の父親はヴェイダーである事を伝え、ヴェイダーをライトサイドに連れ戻すために、自ら帝国軍に投降すると決心した。実際に投降したスカイウォーカーはヴェイダーに連れられ、皇帝がいる第2デス・スター内の玉座の間へ連れて行かれる。そこで皇帝は、反乱軍の奇襲攻撃が無駄だと知らせ、スカイウォーカーの怒りを煽った。それによりヴェイダーとのライトセーバー・デュエルが始まった。この戦いの中でヴェイダーはスカイウォーカーに妹がいる事を感じ取り、スカイウォーカーがダークサイドに屈しないのならば妹を仲間にするとヴェイダーが発言したため、スカイウォーカーは激しい怒りによる攻撃を繰り返し、ヴェイダーの腕を切り落として追い詰めた。
Anakinredeemed.png

息子と最期の会話をするアナキン

皇帝はスカイウォーカーに対しヴェイダーを殺すよう命ずるが、自身の過ちに気づいたスカイウォーカーはライトセーバーを捨て、ダークサイドには屈しないと宣言した。皇帝はこの発言に怒り、フォース・ライトニングでスカイウォーカーを痛めつけた。この様子を見ていたヴェイダーは皇帝に掴み掛かり、デス・スターの反応炉に突き落とした。この事により、ヴェイダーはライトサイドに帰還し再びアナキン・スカイウォーカーとなった。アナキンは息子と短い会話をした後に息を引き取り、フォースと一つになった。[12]

死後

JediGhosts-ROTJ.png

ヨーダとケノービの霊体に加わるスカイウォーカー

ルークは父の遺体をエンドアに持ち帰り葬儀を行った。反乱軍の仲間はイウォークブライト・ツリー村で勝利を祝っていたが、ルークは父の葬儀を他の者が見ると歓喜の対象になるだけだと判断し、一人で葬儀を行った。この葬儀により、アナキンの装甲服はほとんど燃えたがヘルメットの残骸は残り、34 ABYにはアナキンの孫であるカイロ・レンがヘルメットの残骸を所持していた。[13]

葬儀を終えたルークが反乱軍の勝利の宴に戻ると、オビ=ワン・ケノービヨーダの隣にダークサイドに転向する前の姿のアナキン・スカイウォーカーの霊体が見えた。3人の霊体はルークに微笑みかけ、ルークは微笑み返した後に仲間の元へ戻って、勝利を祝った。[12]

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia