FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

アドヴォーゼ[1](Advozse)、複数形アドヴォーゼック(Advozsec)は髪のない頭に1本の角という大きな特徴を持つヒューマノイド種族である。彼らの出身地は、頻繁に火山が噴火する地質的に不安定な惑星リフロアである。この惑星の環境が彼らの文化と銀河系での立場に影響を与えていた。

生態と特徴

アドヴォーゼは、惑星リフロアの温泉地周辺に分布した、草食の爬虫類型の生き物から進化した種族だった。爬虫類型哺乳類へと進化したアドヴォーゼは、頭部に黒い角を1本生やし、手足にはそれぞれ4本の指を持ち、尖った耳、黒い大きな目をしていた。彼らの皮膚は、黄色からダークブラウンまでの色の幅があった。アドヴォーゼは厳格なベジタリアンであり、肉を消化することが出来なかった。しかし、中には鋭いを持つアドヴォーゼもいた。

アドヴォーゼの出身惑星は地質的に不安定であり、頻繁に火山が噴火した。アドヴォーゼは故郷の地熱による温泉地で生き延びるために、皮膚が厚くなっていた。アドヴォーゼの黒くて大きな目は、リフロアの空を暗くしていた火山灰の雲に適応した結果だった。アドヴォーゼはリフロアの薄暗い光の中で生活するのが最も快適だったが、他の惑星のより明るい環境の中でも、あまり不快さを感じることなく適応できた。

社会と文化

Advozse GG12

アドヴォーゼ

リフロアに降り注ぐほとんどの日光は火山の噴火によって発生した灰で遮られてしまっていたため、アドヴォーゼは熱を求めて地熱の温泉地の付近に住み着く傾向があった。不幸なことに、これらの温泉地も地質的に不安定な領域にあり、そこに建てられた建造物はしばしば噴火や地震によって破壊され、そのまま放棄されることになった。その結果、アドヴォーゼの民は物質的なモノへの執着をあまり持たず、計画は長期的に考えず、命に対して悲観的かつ利己的、誇大な被害妄想的な考えを持つようになってしまった。こうした彼らの文化の特徴は、銀河共和国との接触によって近代的な建造技術を手に入れ、耐久力のある建物を造れるようになった後も、長い間残り続けた。アドヴォーゼは、人生で獲得できる唯一の永久的に持続的なものは、経済的な安定だけだと考えていた。そのため彼らは常に出来る限りの貨幣や富を蓄えようと努め、最悪の事態が発生したときに上手く対処できるようにしようと考えていたのだ。

アドヴォーゼはアドヴ語を読み書きし、一般的に名前と姓を使用していた。彼らの間では、コル・ナーン(Kol Nurn)、ローダ・レム(Roda Lem)、ヴェル・ラムドロ(Vel Ramdro)といった名前が一般的だった。ただし、トゥラク将軍や彼の息子カルトなどは、姓を持たないアドヴォーゼとして知られた。

歴史

銀河系の外部とのファースト・コンタクトを果たす前に、アドヴォーゼは独自のハイパードライブ・テクノロジーを発展させ、およそ10,000 BBY銀河共和国偵察要員の注意を引くことになった。アドヴォーゼは惑星コルサント銀河元老院代表者を派遣する権利を獲得すると、しばしば礼儀正しい官僚としての評判を獲得した。クローン大戦が勃発して共和国と独立星系連合が火花を散らすと、リフロアのシルヴ・ドント議員は共和国からの分離を試みた。しかし共和国グランド・アーミー第19セクター・アーミーは迅速にリフロアの監督権を握り、アドヴォーゼはいかなる方法でも分離主義勢力の手助けをすることは出来なかった。それにも関わらず、彼らの社会は強く分離主義の傾向に傾いており、共和国の代理人は歓迎されていなかった。

銀河帝国が権力を掌握すると、リフロアの豊かな採鉱業務に関わっていたアドヴォーゼたちは、帝国の監督者によって惑星の意思決定権を剥奪された。アドヴォーゼの多くが帝国に役人として仕え、種族のほとんどは帝国を支持していたものの、リフロアに駐在する帝国軍はアドヴォーゼの声をもっと取り入れるよう要求する抗議活動を何度か取り締まらなければならなかった。銀河内戦の数十年後、リフロアは銀河全体への侵略戦争を仕掛けた外銀河種族、ユージャン・ヴォングの攻撃を受けた。侵略者は強力な生物兵器でリフロアの植物を破壊し、惑星に残っていたアドヴォーゼは栄養失調で死んでいった。別の惑星や植民地に残っていたわずかなアドヴォーゼによって、種族は戦争を生き延びた。

銀河系におけるアドヴォーゼ

Advose JvS

ブラザーフッド・オブ・ダークネスに所属したアドヴォーゼ

懐疑的で支配思考を持つアドヴォーゼだが、その生まれ持つ性質によって、銀河系社会の中で共和国や大企業の官僚、役人になったものも多かった。その中には、およそ300 BBYに惑星コーバを襲ったトゥラク将軍や、その後コーバを攻撃したトゥラクの息子、カルトなどがいた。

銀河内戦中、帝国の高い関税を逃れるために、密輸業者となったアドヴォーゼも何人かいた。モス・アイズリーカンティーナでしばしば目撃された密輸業者、ボム・ヴィムディンは、銀河内戦中に最も名の知られたアドヴォーゼのひとりだった。違法な取引を行ったアドヴォーゼとして、ボズトロッククラトゥイニアン通商ギルドの代表者ポック・ナー=テンの召使いだったジール・ダントラが挙げられる。コレリアン宙域スウープ・レースのチャンピオンだったグレルク・ミカブラも有名なアドヴォーゼだった。

アドヴォーゼにはフォース=センシティブの者もおり、新シス大戦ブラザーフッド・オブ・ダークネスに加わったアドヴォーゼのシス卿もいた。ジェダイ・オーダーにアドヴォーゼが所属したことを示す記録は残っていないが、人生に関する暗い考え方を克服することが出来れば、アドヴォーゼもジェダイの道を学ぶことが出来たと推測される。

制作の舞台裏

スター・ウォーズ・エンサイクロペディア』ではアドヴォーズとされている。複数形はAdvozsecだが、『週刊スター・ウォーズ ファクトファイル』では単数・複数に区別を付けず両方アドヴォーゼと呼んでおり、ここでもそれに従う。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki