FANDOM


アトゥア・ライテン[1](Atour Riten)は銀河帝国軍の少佐で初代デス・スター内にあった図書館の館長。

経歴

図書館長

「幸運を祈るぞ。きみたちにはそれが必要だからな。」
―影ながらルーク・スカイウォーカーハン・ソロの手助けをした後のアトゥア・ライテン[出典]

アトゥア・ライテンはボールドゥラン内戦ジャニスサリアド側に立って戦った経歴を持つ銀河帝国の将校。ライテンは惑星マンダにあるバオバブ・アーカイブで修行を積み、のちに惑星コレリアドリスムス学術機関ホイールワールドアーカム13といった名だたる図書館や記録書庫に勤めた。デス・スターの図書館に配属されると、パーシーと呼んで親しんだ司書ドロイドP-RC3とともに仕事をした。帝国当局から派遣されたパーシーの役目は、ライテンの手助けをするだけではなく、彼を監視することも含んでいた。そこでライテンはこのドロイドのプログラムを変更し、忠誠を誓う相手を自分に書き換えた。また、当局から探りを入れられてもいいように、証拠を消し去る。

デス・スターがオルデランを破壊する頃には、ライテンの帝国への忠誠は無くなっていた。彼はパーシーの報告で、デス・スターへの侵入者がいることを知る。指令オフィスで会話する侵入者、オビ=ワン・ケノービルーク・スカイウォーカーハン・ソロチューバッカR2-D2C-3POの映像を見たライテンは、彼らがレイア・オーガナを救出しに来たことを悟る。ライテンは彼らにできる限りの手助けをするため、中央コンピューターを通して彼らが乗るリフトを目的地で止めた。

デス・スター脱出の試み

デス・スター内のハードハート・カンティーナには帝国に不満を持つものたちが集まっていた。ライテンとセロット・ラトゥア・ディルミーマ・ルーセスヴィリアン・ダンスロードティーラ・カーズコーネル・ディヴィニはデス・スターを脱出する計画を練った。ライテンはパーシーと共にコンピューターで脱出の手はずを整え始める。パーシーは警備兵によって捕まりスキャンのために連れ去られてしまったが、脱出は実行へと近づいていった。だが、ライテンは皆が安全に脱出するため、自分はデス・スターに残ることを決める。一同が乗ったE-2T医療シャトルがデス・スターを出るのにはフライト・コントロールの着床許可が必要だ。ライテンは通信システムを弄り、自分がフライト・コントロールを演じることで彼らの着床を可能にした。

結果的に、ライテンはヤヴィンの戦いによるデス・スター破壊の際に命を落した。

登場作品

脚注

  1. カタカナ表記は『デス・スター』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki