FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 

アディ・ガリア(Adi Gallia)はソロシアン女性で、銀河共和国末期のジェダイ・マスタースタス・アリーは彼女のいとこだった。ガリアはナブー危機以前にジェダイ最高評議会のメンバーに加わり、コルサントジェダイ・テンプルジェダイ・オーダーの重大な懸案事項を話し合った。厳格で専心的な性格だったガリアは、アナキン・スカイウォーカーほど無謀ではなかったものの、敵と戦うことをためらわない攻撃的な戦士として知られた。ガリアは急激に勢いを増すドゥークー伯爵分離主義運動を不安視していたが、彼女の懸念は的中し、共和国と独立星系連合ジオノーシスの戦いで激突することになった。以降、ガリアはクローン戦争で最前線に立ち、共和国グランド・アーミークローン・トルーパーを率いるジェダイ将軍のひとりとなった。彼女はやがて軍事的司令官を兼ねるジェダイの役割になじんでいった。

クローン戦争中、ガリアはスカイウォーカーと共にグリーヴァス将軍旗艦からマスター・イース・コスを救出する任務に参加した。また、ローラ・サユーにおける戦いではキット・フィストーサシー・ティンプロ・クーンらと共にスターファイターに乗り込んだ。ガリアはパティタイト・パトゥーナでグリーヴァス将軍に敗北し、独立星系連合の捕虜となったが、マスター・クーンによって救出された。その後、ガリアはオビ=ワン・ケノービと組んでシス卿ダース・モールを捜索した。ナブーの戦いで死んだと思われていたモールは、戦争中に再び姿を現し、ナイトブラザーの弟サヴァージ・オプレスと組んで共和国と独立星系連合の双方を脅かしていた。ガリアとケノービは惑星フローラムにたどり着き、ホンドー・オナカー海賊団と戦うシスの兄弟を発見した。ガリアはオプレスとの一対一の戦いに敗れ、命を落とした。

登場エピソード

参考資料