FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

アソーカ・タノ[1](Ahsoka Tano)はトグルータの女性で、銀河共和国独立星系連合のあいだにクローン戦争が勃発したさいにジェダイ・パダワンとして活躍した。マスターからのあだ名はスニップス(Snips)。タノはジェダイグランド・マスターであるヨーダによってジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーの弟子として割り当てられ、自分が彼の弟子としてふさわしい存在であると証明するための熱意を見せていた。タノは惑星クリストフシスにおける分離主義勢力の敗北に関わっており、惑星テス戦いでの共和国軍の攻撃でも重要な役割を果たしている。ハット・スペースにおける共和国の安全な移動手段を確保するために、タノはスカイウォーカーとともにジャバ・ザ・ハットの息子ロッタを救う任務に加わり、これを達成した。このおかげで、共和国はハットのクランとの同盟を結ぶに至る。

タノはマスターとともに、イオン砲を搭載することで共和国艦隊の全体に被害を及ぼすことが可能な分離主義勢力の超兵器、<マレヴォランス>破壊に関わる任務に参加した。この危機の中でタノが果たしたことのおかげもあり、共和国は<マレヴォランス>を破壊して分離主義者たちに対し優位な状況に立つことに成功する。その後、タノは分離主義者の将軍グリーヴァスと対決し、このサイボーグの将軍と戦い難を逃れた数少ないジェダイのひとりとなる。

ミリアランのジェダイ・マスター、ルミナーラ・アンドゥリとともに任務に付いたタノは、トレード・フェデレーションヴァイスロイヌート・ガンレイを奪還しにきたダーク・ジェダイアサージ・ヴェントレスと戦う。彼女は生き残ったがガンレイは共和国側の手から連れ去られてしまった。その後、タノはクエル空中戦でジェダイ・マスターのアイラ・セキュラを救出するために活躍し、不時着した惑星マリダンで防衛戦線に参加する。この星では分離主義者のロク・ダード司令官が惑星の住民に対して実験段階の兵器をテストしようと企んでいたのである。ほかにも、タノは危険なブルー・シャドウ・ウイルスが分離主義者によって共和国の星系に使用されるのを防ぐのに貢献、ライロス戦いでは惑星を包囲する分離主義勢力の封鎖を破り、軍隊の侵入口を作る。このとき、彼女は初めて中隊を率いている。

惑星フェルーシアで間違いを犯したあと、タノはジェダイ・テンプルアーカイブを警備する仕事に割り当てられる。しかし、タノはスカイウォーカーとともにバウンティ・ハンターキャド・ベインによって盗み出されたジェダイ・ホロクロンを探し出すため、惑星デヴァロンへと赴くことになる。そしてふたりは、結果的にフォース=センシティブの子供たちを洗脳して未来のニュー・オーダーのために働かせようとしていたシスの暗黒卿ダース・シディアスの陰謀を挫くことに成功したのだった。

経歴

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

制作の舞台裏

「彼女はアナキンを大人にし、少しばかり円熟させる役目を果たす。名実ともにオビ=ワンの相棒になり、真にチームが組めるほどアナキンを成長させるためには、アナキンを親か教師にして、もっと責任感を持たせるのが一番だ。そこでアソーカが必要になる……シャアク・ティ・タイプの若い女性は魅力的なキャラクターに思えたんだ」
ジョージ・ルーカス[出典]

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。