FANDOM


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

クローン戦争中、ジェダイパダワンアソーカ・タノは赤い塗装が施されたデルタ7Bイーサスプライト級軽インターセプターに乗り込んで分離主義勢力と戦った。Rシリーズアストロメク・ドロイドR7-A7が操縦の補佐役を務めた。

特徴

ジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカー弟子アソーカ・タノは、赤い塗装が施されたデルタ7Bイーサスプライト級軽インターセプターに登場した。彼女の戦闘機には、機体後方から中央にかけてジェダイ・オーダーの白いシンボルマークが描かれており、正面から向かって左側の翼に銀河共和国の紋章が入っていた。他のデルタ7Bと同様、このスターファイターもコックピットの目の前にアストロメク・ドロイド収容ソケットがあり、レーザー砲で武装していた。

歴史

21 BBY、アソーカ・タノはライロスの戦いでデルタ7Bに乗り込み、V-19トレント・スターファイターから成るブルー中隊の指揮を執った。彼女が戦闘機中隊隊長を務めるのは今回が初めてだった。彼女はR7-A7とともに出撃したが、軌道における宇宙戦では敗北を喫した。その後、タノはライロスの大気圏に降り、ハイエナ級ボマーと交戦した。

20 BBY、タノは同型機に乗るバリス・オフィーとともにアンバラの戦いに参加した。彼女たちが分離主義勢力の封鎖を破った後、スカイウォーカー、オビ=ワン・ケノービサシー・ティンの部隊がアンバラへ降下した。

19 BBY頃、タノは新型イータ2に乗り換えていた。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。