Fandom

Wookieepedia

アストロメク・ドロイド

9,031このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
正史版の内容を紹介しています。  レジェンズ版の内容はこちらをクリック。 
「間抜けのアストロ・ドロイドが!」
R2-D2に対し、B2スーパー・バトル・ドロイド[出典]
R2-KT meeting.png

R2シリーズ・アストロメク・ドロイドR2-D2R2-KT

アストロメク・ドロイド(Astromech droid)は、アストロ・ドロイド(Astro droid)やメク(Mech)とも呼ばれた、スターシップの修理および整備用ドロイド。小柄なアストロメク・ドロイドはコンパートメントに様々な修理道具を収納していた。多くのスターファイターがアストロメクを副操縦士として利用していた。アストロメクは宇宙空間にさらされた状態で機体のソケットに収容され、簡単な修理や、ハイパースペース・ジャンプの計算を担当した。

ほとんどのアストロメクは、他のコンピューター・システムを介した書面による通信や、バイナリーと呼ばれる電子音の特殊コードでしかコミュニケーションを取ることができなかった。

アストロメク・ドロイドの平均身長はおよそ0.93メートルだったが、インダストリアル・オートマトン社R2シリーズ・アストロメク・ドロイドは1メートルよりわずかに高かった。

主な登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki