FANDOM


アストロメク・ソケット(Astromech socket)、あるいはドロイド・ソケット(Droid socket)は一部のスターシップに設けられた、アストロメク・ドロイド収容用の装置である。アストロメク・ドロイドはソケットから頭部だけ出す形で機体に収容され、修理やパイロットの補佐を担当した。

概要

ソケットに収まる際、アストロメク・ドロイドは機体の特徴に合わせて変形・改造されることがあった。例えばドロイドをまるごと収容するには機体が薄すぎるデルタ7イーサスプライト級軽インターセプターの場合、胴体を切り詰めた改造型のアストロメク・ドロイドをソケットに結合した。また、ソケットが高いところにあるN-1スターファイターの場合、ドロイドは脚部を縮め、頭部を伸長させる必要があった。

アストロメク・ソケットを持つ宇宙船

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。