FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

アスク・アーク[1](Ask Aak)は惑星マラステア出身のグラン銀河共和国元老院議員

経歴

アスク・アークは銀河共和国の末期に、不慮の死を遂げた前任者アスク・モー議員の後継として議会入りした。アークは軍隊設立法案の積極的な支持者のひとりであり、その先も共和国のクローン戦争への取り組みを支持した。ジェダイ・ナイトオビ=ワン・ケノービが惑星カミーノクローン・トルーパーを発見したとき、アーク元老院議員はこの軍隊の使用を積極的に支持している。

アークは最高議長パルパティーンの熱烈な支持者であり、その他のロイヤリスト議員に比べても行動派だった。彼は前任者アスク・モーと同様、率直に意見を口にし、モーの死を未然に防ぐことができなかったことや、凄惨なパーセラス・マイナーの戦いが長引いていることについてジェダイ・オーダーを批判している。アークは戦争におけるジェダイたちの役割について非常に批判的だったのだ。

制作の舞台裏

スター・ウォーズ ジャンゴ・フェット』ではアスク・アクと表記されている。

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版