FANDOM


アサージ・ヴェントレス(Asajj Ventress)はダソミリアン女性で、奴隷ジェダイパダワンシスの暗殺者、独立星系連合司令官ナイトシスター賞金稼ぎなど、多彩なキャリアを歩んだフォース=センシティブの戦士である。ヴェントレスは銀河共和国時代の末期に惑星ダソミアに生まれた。彼女はフォース感応者の魔女によって構成されるナイトシスターの一員だったが、指導者のマザータルジンは部族を守るために幼いヴェントレスを犯罪者ハルステッドに引き渡した。奴隷になったヴェントレスは戦乱の惑星ラタタックで幼少期を過ごし、ハルステッドが海賊に殺されたとき孤児となったが、海賊と戦っていたジェダイ・ナイトカイ・ナレックに才能を見出され、ジェダイ・オーダーに加わった。ナレックのパダワンとして訓練を積んだヴェントレスは、師匠とともに海賊や略奪者からラタタックを防衛した。10年に渡って惑星の守護者を務めた後、ナレックは背後から海賊に撃たれて命を落とし、ヴェントレスは再び独りになった。フォースのダークサイドに堕ちた彼女は、地元の支配者たちを殺し、その後釜に君臨する。やがて彼女はシス卿ドゥークー伯爵に見出され、暗黒卿を夢見る暗殺者として彼に師事することになった。

ドゥークー率いる独立星系連合と共和国のあいだにクローン戦争と呼ばれる銀河規模紛争が始まると、ヴェントレスは連合軍の司令官として共和国と戦った。彼女は古巣であるジェダイ・オーダーとも敵対することになり、冷酷かつ凄腕の暗殺者として有名になった。戦争中、彼女は共和国の英雄であるジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービやナイト・アナキン・スカイウォーカーとたびたびライトセーバーを交えた。また、彼女はロッタ・ザ・ハットの誘拐やヌート・ガンレイ救出、共和国の要塞惑星カミーノへの潜入任務を成功させている。マスターであるドゥークー伯爵の評価をめぐり、ヴェントレスはドロイド軍最高司令官であるグリーヴァス将軍とライバル関係にあった。

戦争の中盤、ドゥークーのシス・マスターであるダース・シディアスは、ヴェントレスが必要以上に強さを増していることに気づいた。彼はドゥークーに、自分への忠誠心を示したければヴェントレスを始末するよう要求する。ドゥークーはサラストの戦いのさなかにヴェントレスを裏切り、彼女の乗っている軍艦を破壊した。ヴェントレスは攻撃を辛うじて生きのび、ドゥークーに復讐する手段を求めて故郷のダソミアに戻る。マザー・タルジンは彼女の帰還を歓迎し、復讐計画に力を貸した。セレノーにおける暗殺計画が失敗に終わった後、ヴェントレスとタルジンはザブラクナイトブラザーサヴァージ・オプレスを刺客として訓練し、新しい弟子という名目でドゥークーのもとに送り込む。この計画は途中までうまくいったが、いざ対決が始まったとき、暴走したオプレスがヴェントレスとドゥークーの両方を攻撃して逃げ出してしまった。ヴェントレスは再びダソミアに戻り、正式にナイトシスターに再加入して復讐計画を続けることになったが、先に次の手を打ったのはドゥークーだった。伯爵は報復攻撃のためグリーヴァス将軍をダソミアへ派遣し、ナイトシスターの大虐殺を行った。ナイトシスターの最後の生き残りとなったヴェントレスとタルジンは、ドゥークーの報復を逃れるため別々にダソミアから逃げ出した。

新しい居場所を失って深く傷ついたヴェントレスは、目的を求めて銀河をさまよい歩き、最終的に賞金稼ぎとして一定の成功を収めた。この頃の彼女は、ダース・モールやサヴァージ・オプレスを倒すためにオビ=ワン・ケノービと手を組んだり、ジェダイ・テンプル爆破事件の濡れ衣を着せられたパダワン・アソーカ・タノの逃亡を手伝ったりと、以前では考えられないような行動を取るようになった。戦争の終盤、彼女はドゥークー暗殺任務を任されたジェダイ・マスター、クインラン・ヴォスと出会う。ヴォスは賞金稼ぎとしてヴェントレスとタッグを組んだが、やがて彼女と恋に落ち、自分の正体と目的を明かした。ヴェントレスはヴォスにナイトシスターの文化やダークサイドの技術を教え込んだが、暗殺は失敗に終わり、ヴォスは分離主義者に捕まってしまった。ヴェントレスはケノービやスカイウォーカーと協力してヴォスを救ったが、彼は数カ月に及ぶ拷問によってダークサイドに染まりかけていた。しかしヴォス本人はそれを認めず、再びジェダイ評議会によって伯爵のもとへ送り込まれた。ヴェントレスも任務に同伴したが、ヴォスはこのとき完全にダークサイドに堕ちてしまう。ヴェントレスは仕方なくヴォスとドゥークーがジェダイから逃げるの手助けをしたが、彼女自身が再びダークサイドに戻ることはなかった。その代わり、彼女はドゥークーがヴォスをフォース・ライトニングで攻撃した際に身代わりとなり、自らを犠牲にして恋人を救った。その後、ヴォスはヴェントレスの死がきっかけとなってダークサイドを捨て、ジェダイ評議会も彼女の犠牲をたたえた。

登場作品

参考資料

脚注

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。