Fandom

Wookieepedia

アサージ・ヴェントレス

9,763このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク1 シェアする
Atticon.png

正史へ移行されていないレジェンズの記事

この記事は正史版を作成する必要があります。

「これが真実だ。宇宙には善もなければ邪悪もない。命があるか……ないか、それだけのことさ」
―アサージ・ヴェントレス[出典]

アサージ・ヴェントレス[1](Asajj Ventress)はダソミリアン女性で、ダーク・アコライトとしてドゥークー伯爵に仕えていたダーク・ジェダイである。もともと惑星ダソミアナイトシスターだったが、奴隷としてラタタックに連れて行かれた後、フォース感応能力を見出されてジェダイ・オーダーに加わった。彼女はジェダイ・マスターカイ・ナレックパダワンになったが、ナレックのがきっかけとなってフォースのダークサイドに転向する。ヴェントレスは、師を見捨てたジェダイ銀河共和国に恨みを抱くようになった。ライトセーバージャーカイ戦闘技術の腕を磨いた彼女は、ラタタックの大将軍たちを皆殺しにし、この惑星の統治者になった。

ヴェントレスの行動は、シスの暗黒卿ドゥークー伯爵の注意を引いた。ドゥークーのテストに合格したヴェントレスは、分離主義勢力独立星系連合の司令官に任命された。22 BBYに始まったクローン戦争で、ヴェントレスはジェダイ・ハンターとして銀河系にその名を知らしめた。ドゥークーの弟子になってシスの教義を学びたいと考えていたヴェントレスは、自らの価値を証明するため、数多くのジェダイの命を狙った。大戦中、彼女はライバルであるジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーやマスター・オビ=ワン・ケノービと複数回にわたって対決した。

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。
ダーク・アコライト
指導者
ダース・ティラナス
アコライト(見習い)
ソーラ・バルク · アーテル・ダーク · ダーク・アコライト・トリオ · カロク · サート
カドリアン・セイ · トル・スコア · セヴランス・タン · トレノックス
ニコス・タイリス · アサージ・ヴェントレス · ヴィノク · クインラン・ヴォス · ドゥークーのドッペルゲンガー
[edit]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki