FANDOM


アグノート(Ugnaught)はアウター・リム・テリトリー惑星ジェンティスに起源を持つブタに似たヒューマノイド知覚種族コルサントジェダイ・テンプルからベスピンクラウド・シティに至るまで、銀河系の各地でさまざまな仕事に就いていた。大きな鼻と牙が特徴で、人間よりも小柄だった。

生態と特徴

アグノートは小柄なヒューマノイド知覚種族で、ブタに似た大きな鼻を持ち、下顎から牙が突き出ていた。アグノートの肌はピンクで、白い毛が生えていた。彼らは丈夫で力強く、200歳まで生きられた。アグノートはジェンテスラッグや、トンネルの暗がりに生えるさまざまなカビやキノコ類を食した。また、彼らの子供は「アグレット」と呼ばれた。

社会と文化

アグノートの社会は部族によって形成された。彼らは赤い色を好み、仕事場が赤いと生産性が向上した。

歴史

アグノート種族はアウター・リム・テリトリーアノート宙域に属す惑星ジェンティスに起源を持っていた。彼らは長きにわたって奴隷として虐げられ、別の惑星へ連れ出されては強制労働に従事させられた。

コレリアンの実業家であるエクレシス・フィグは、惑星ベスピンティバナ・ガス採鉱コロニーのクラウド・シティを建設するため、3つのアグノート部族を雇い入れた。この部族のアグノートたちはフィグ卿の事業に力を貸す代わりに、完成したクラウド・シティで市民として暮らす権利を手に入れた。また、自由になった奴隷たちはアグノート・サーフィスと呼ばれる自分たちの浮遊都市をつくり上げ、アグノーグラッド首都に定めた。

ヤヴィンの戦いの2前、惑星ヤルマにある銀河帝国の廃棄物処理施設レクレム・ステーションでアグノートの奴隷が数名働かされていた。その1人であるターバはステーションから逃げ出そうとして逮捕され、ナラカ刑務所に収監された。彼はそこでウィークウェイ海賊ホンドー・オナカーと知り合い、帝国がヤルマで行っていることを教えた。ターバは脱獄に失敗して命を落としたが、レクレム・ステーションの情報はオナカーを通じて反乱者たちに伝わった。廃品のYウイング強奪するため反乱者たちと一緒にヤルマに潜入したオナカーは、アグノートの労働者メルチたちを解放し、ステーションからセンチネル級着陸船を盗んで逃亡した。

銀河帝国がアノート宙域封鎖した時代、ジェンティスに暮らしていたアグノートの部族は奴隷商人の襲撃に悩まされていた。彼らは沼地に身を隠して遭難信号を発信し、自分たちを助けてくれれば補給物資を提供するというメッセージを送った。

クローン戦争期から帝国時代にかけて、アグノート種族のメンバーはコルサントロザルといった銀河系各地の惑星でさまざまな職業に就いていた。アグノートの女性、コリン・パースは骨董品を専門とする学者として有名で、コア・ワールドにあるバーレス大学サヴァの地位を与えられていた。

銀河内戦中、大勢のアグノートがクラウド・シティで働いていた。その中の数名は、ストームトルーパーによって破壊されたプロトコル・ドロイドC-3POを溶鉱炉でバラバラにしようとしたが、ウーキーチューバッカによって阻止された。また、カーボン凍結室で働く別のアグノートたちは、ダース・ヴェイダーの命令でハン・ソロ冷凍した。

登場作品

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。