FANDOM


Acklayclass
アクレイ級移動要塞
製造に関する情報
モデル

ウォーカー兵器

技術に関する情報
乗組員定数
ドッキング・ベイ

1

その他
役割

移動司令基地

使用開始

137 ABY

時代

レガシー時代

所属

アクレイ級移動要塞(Acklay-class mobile fortress)は、アクレイ戦闘要塞(Acklay Battle Fortress)として一般的に知られていた、水中用のウォーカーである。ダース・クレイトの銀河帝国に仕える帝国地上軍において、移動式の司令基地として使用されていた。アクレイ級の名前は、ヴェンダクサアクレイに由来しており、この猛獣の外見をモデルにした設計になっていた。

特徴

AcklayBattleFortress

シャーク・サブファイターを呼び戻すアクレイ

水中攻撃ストームトルーパーに加え、この巨大な乗り物はシャーク・サブファイターを運ぶことが可能だった。この戦闘要塞のドッキング・ベイは船体の胴体下側に位置しており、出入り口が開いたときに、帝国地上軍がまっすぐこの乗り物から出撃することが可能だった。ドッキング・ベイには技術者のクルーが配置されており、シャーク・ファイターのメンテナンスや、燃料タンクの整備などを行っていた。この戦闘要塞はレーザー砲で武装しており、その中には高いブリッジから突き出ていた1対の巨大な砲台もあった。

歴史

アクレイ戦闘要塞はモン・カラマリの小戦闘で使用され、銀河皇帝ダース・クレイトの命令に従い、モン・カラマリの難民を追跡して、殺害した。インペリアル・ナイトトレイス・シンドが率いるモン・カラマリ・レンジャーは、ヒット=アンド=ラン方式の攻撃を移動式の要塞で強化するために、帝国の攻撃要塞のひとつを拿捕しようと計画した。そうしたアクレイ戦闘要塞のひとつ、スターヴス司令官が指揮する<シー・ライオン>は、シンドがドッキング・ベイから侵入したときに、危うく奪われかけた。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。