FANDOM


アクラメイター級アサルト・シップ(Acclamator-class assault ship)はロザナ・ヘビー・エンジニアリング社が製造した銀河共和国アサルト・シップクローン戦争初期、共和国の主要な兵員輸送艦として活躍した。

特徴

ロザナ・ヘビー・エンジニアリング社製アクラメイター級アサルト・シップは、全長700メートルを越える主力艦だった。くさび型の船体を持ち、ブリッジは船体後部から突き出したタワーに置かれていた。レーザー砲ターボレーザー砲震盪ミサイル、重魚雷等を搭載した軍艦で、クローン・トルーパーAT-TEウォーカーを運ぶ兵員輸送艦としても利用された。アクラメイター級アサルト・シップは地上に着地、あるいは海上に着水することが可能だった。[1]

歴史

アクラメイター級アサルト・シップはクローン戦争が勃発する以前にロザナ・ヘビー・エンジニアリング社によって開発された。アクラメイター級艦はクローン戦争初期の共和国軍の主力艦となり、分離主義勢力宇宙戦力に対抗した。大戦最初の戦闘であるジオノーシスの戦いや、ライロスの戦い等に参加した。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki