Fandom

Wookieepedia

アクトロニクス社

9,071このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

アクトロニクス社[1](AccuTronics)はドロイド生産企業。

数百年の間に、銀河市民はドロイドに疑惑と不安を抱くようになった。自働機械がどれほど彼らの生活を楽にするかは理解、しているが、ドロイドに対して少し距離を置くようになったのだ。 しかしこの傾向に、インダストリアル・オートマトン社の子会社であるアクトロニクスは失望しなかった。むしろ、それを新たなドロイド市場を開拓する機会とみなした。同社がこの分野に最初に進出したのは1世紀以上前である。 やがてモデルEベビー・シッティング・ドロイドが誕生する。あいきょうのある小型ドロイド、モデルEは子供の遊び相手になるように考案され、すぐに人気者となり、子供だけではなく両親にも愛され、信頼された。 モデルEの成功は、すぐに2⊃の結果を生んだ。ひとつは、アクトロニクスの親会社からの独立。もうひとつは、アクトロニクスのデザイン・チームが自信を持ち、子守ドロイドを開発したことだ。両親が仕事を持つ裕福な家庭をターゲットにつくられた子守ドロイドは、またたく間にヒット商品となり、さらに、種類を増やし、有名人やレイア・オーガナ・ソロのような有力な政治家にも愛用されるようになった。

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『週刊スター・ウォーズ ファクトファイル』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki