FANDOM


「アクア・ドロイドを出し、揚陸艦を組み立てよ」
アサージ・ヴェントレス[出典]

アクア・ドロイド(Aqua droid)はテクノ・ユニオンが製造した独立星系連合中戦闘用バトル・ドロイド。標準的なドロイドよりも泳ぎに適した設計になっており、クローン戦争カミーノモン・カラといった海洋惑星へ派遣された。

特徴

テクノ・ユニオン製アクア・ドロイドは中での戦いに特化したバトル・ドロイドである。全高2.83メートルで、灰のボディに赤く光るセンサーを備えていた。普通のドロイドよりも細身の体格で、脚に付属しているプロペラを使って水中を高速移動することができた。アクア・ドロイドは奇襲戦術に適しており、収納式のレーザー砲を使って戦った。独立星系連合トライデント級アサルト・シップをアクア・ドロイドの輸送船に使った。

歴史

アクア・ドロイドはテクノ・ユニオンによって開発され、クローン戦争分離主義勢力ドロイド軍の戦力に加えられた。

モン・カラマリクオレン種族の間に内戦が勃発すると、リフ・タムソン司令官率いるアクア・ドロイド部隊がクオレン孤立主義同盟を援護した。アクア・ドロイドはモン・カラ・シティで敵軍を圧倒したが、銀河共和国がモン・カラマリを支援するためにグンガン族の増援を派遣したため、一時退却を強いられた。その後、タムソンはアクア・ドロイドとハイドロイド・メデューサ、トライデント級アサルト・シップを用いて再び形成を逆転させ、敵の大部分を捕虜にした。

登場エピソード

参考資料

独立星系連合
指導者 ダース・シディアス - ドゥークー伯爵国家主席) - グリーヴァス将軍ドロイド軍最高司令官
分離主義評議会 ヴァイスロイヌート・ガンレイ - ルーン・ハーコ - ポグル・ザ・レッサー大公 - エマーワット・タンバー監督者 - サン・ヒル会長 - パッセル・アージェンテ監督官 - シュ・マーイ会頭 - ポ・ヌードー - ティッケス元老院議員
分離主義元老院 ヴォー・アテル - バイ・ブラス - ミーナ・ボンテリ - アミータ・フォンティ - カーチ・クシ - ベック・ラワイズ - パン・リンバウド
主な参加勢力 トレード・フェデレーション - テクノ・ユニオン - バクトイド・アーマー・ワークショップ社 - インターギャラクティック銀行グループ - コマース・ギルド - コーポレート・アライアンス - クオレン孤立主義同盟 - リテイル・コーカス
関連用語 シャドウフィード - 分離主義危機
連合軍
組織 分離主義勢力ドロイド軍 - 分離主義勢力宇宙軍 - アンバラン民兵 - オンダロン近衛兵
バトル・ドロイド B1型ロケット - グラップル - ファイアファイター) - B2型B2-HA - B2-RP - ロケット・トルーパー - グラップル) - OOM型コマンド - セキュリティ - パイロット) - ドロイデカシャープシューター) - アクア・ドロイド - オクトゥプタラ・ドロイド - クラブ・ドロイド - デモリッション・ドロイド - ドロイド・コマンドー - ドワーフ・スパイダー・ドロイド - ドロイド・ガンシップ - バズ・ドロイド - ヘイルファイア級ドロイド・タンク - ホーミング・スパイダー・ドロイド - マグナガード - LR-57 - SD-K4
ビークル AAT - DDT - スーパー・タンク - MTT - NR-N99 - STAP - プロヴィデンス級 - ミュニファスント級 - レキューザント級 - ルクレハルク級 - サブジュゲーター級 - ハードセル級 - プンウォーカ116級 - トライデント級 - シーシピード級 - C-9979着陸船 - DH全能支援船 - ドロイド・トライ=ファイター - ナンテックス級 - ヴァルチャー・ファイター - ハイエナ級ボマー - ベルブラブ22 - ローグ級スターファイター
[テンプレート]
他言語版