FANDOM


アカジョア級シャトル(Aka'jor-class shuttle)、別名マンダロリアン・シャトル(Mandalorian shuttle)はクローン戦争期に惑星マンダロア新マンダロリアン政府が使用したシャトル。2枚の可変翼の後部にエンジンが配置されており、機体中央部にパイロットと乗客が乗り込んだ。アカジョア級シャトルは着陸時に翼を垂直に向け、エンジン部分を底にした。クローン戦争中、サティーン・クライズ女公爵ジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービはアカジョア級シャトルに乗って衛星コンコーディアへ赴き、マンダロリアンの過激派デス・ウォッチに関する調査を行った。

登場作品

参考資料

マンダロリアン
派閥 マンダロリアン・ネオ=クルセイダー - 新マンダロリアン - デス・ウォッチ - ジャーニーマン・プロテクター - ナイト・アウル - マンダロリアン・スーパー・コマンドー - インペリアル・スーパー・コマンドー
氏族 クライズ家クライズ氏族) - ヴィズラ家サクソン氏族 - ヴィズラ氏族 - レン氏族) - エルダー氏族 - ルック氏族
地名 マンダロアサンダーリ - 王立アカデミー) - カレヴァラ - クローネスト - コンコーディア - コンコード・ドーン
兵器 マンダロリアン・アーマー - マンダロリアン・ヴァンブレイス - ウェスター35ブラスター・ピストル - グラップリング・ライン - パラライジング・ダート - 小型携帯式シールド - ジェットパック - ダークセーバー
ビークル アカジョア級シャトル - コムルク級ファイター/トランスポート - バルター級スウープ - ファング・ファイター
[テンプレート]