FANDOM


アウター・リム第3艦隊(Outer Rim Third Fleet)は、137 ABYにおけるダース・クレイトの銀河帝国宇宙軍に所属した艦隊のひとつである。

歴史

Outer Rim Third Fleet strikes back

ダックの避難を阻止しようとするアウター・リム第3艦隊

少なくとも9隻のアーデント級ファスト・フリゲートと、旗艦リレントレス>を含む7隻のペレオン級スター・デストロイヤーによって形成されていたこの戦闘艦隊は、ガー・スタージ提督銀河同盟残存勢力の殲滅という役目を課されていた。

この艦隊はケル・ドアシャ・ダン提督の指揮下にあった。スタージ提督捕獲に失敗したことを考慮し、シス卿ダース・アザードはダンを殺害し、ドルー・ヴァランを代わりに提督に据えた。ヴァランはモン・カラマリ上空において罠を計画し、これはモン・カラマリの戦いとなる。この戦いは第3艦隊側の完全な失敗となり、銀河同盟残存勢力がインペリアス級スター・デストロイヤーインペリアス>とともに脱走するのを許しただけではなく、モン・カラマリのドックの3分の1を破壊してしまった。敗北のあと、ヴァラン提督は明らかに自殺したと思われる。

ダース・ウィーロックが惑星ダック上の全ての生命を一掃するよう命じた後、アウター・リム第3艦隊は銀河同盟残存勢力とその仲間が惑星の住民を避難させようとするのを阻止するため、派遣された。ダース・ストライフモフゲイストクリオン・グレイル提督の指揮の下、アウター・リム第3艦隊は避難民を包囲することが出来ず、同盟側とオロン・ジェイガー将軍率いるフェル支持者の艦隊の砲火を受け、大きな損害を被ることになる。ゲイストの要請で、ストライフ卿は退却を受け入れた。

知られている艦船

登場作品

  • Star Wars Legacy 20: Indomitable, Part 1
  • Star Wars Legacy 21: Indomitable, Part 2
  • Star Wars Legacy 47: The Fate of Dac

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki