FANDOM


「共和国のため!トワイレックのために!」
―ライロスの戦いでクローン・トルーパーを率いるダーイ[出典]

アイマ=ガン・ダーイ(Ima-Gun Di)は男性ニクトジェダイマスタークローン戦争中にジェダイ将軍としてジェダイ・オーダーに仕えた。彼はライロスの戦いの中で自らの命を犠牲にして住民を守った。

経歴

「ダオ提督。こちらダーイ将軍。状況は最悪だ。物資補給を急いでくれ。」
「ぜひ助けたいがこちらの燃料も武器も底を突きかけている」
―ダオ提督に救援を依頼するダーイ[出典]
Ima-Gun Di and Cham Syndulla

トワイレック・レジスタンスのチャム・シンドゥーラと共に戦うダーイ

銀河共和国独立星系連合によるクローン戦争初期、ダーイはジェダイ・マスターとして惑星ライロスに派遣され、現地のトワイレック達を独立星系連合による総攻撃から守るべく、クローン・トルーパーの部隊と共に戦った。共和国軍はダーイの部隊にトワイレック・レジスタンスと共闘することを命じた。しかし、独立星系連合がライロスを封鎖し、共和国軍がダーイの部隊やトワイレック達へ救援物資を送ることを不可能にした。[1]

総攻撃の最中、トワイレック・レジスタンスのリーダーチャム・シンドゥーラはダーイやクローン・コマンダーキーリーの所にたどり着き、水や食料、電力が尽きていることを訴えた。ダーイは惑星軌道に駐留していた共和国軍ヴェネター級スター・デストロイヤー提督ダオに連絡し、一刻も早く支援物資を送るよう求めた。ダオの船も燃料と弾薬が枯渇し、地上部隊を支援することが不可能であったのでジェダイ最高評議会に救助を求めた。評議会とのホログラム通信中にダオの船は破壊されたため、ダーイは救援を得ること無くライロスで孤立した。[1]

Di Keeli Ryloth

独立星系連合軍に立ち向かうダーイとコマンダーキーリー

少しずつではあるが確実にダーイの部隊とトワイレック達は独立星系連合軍に後退を強いられており、壊滅は目前であった。ドロイド軍がジェダイの位置に近づいていたのである。母艦との連絡は途絶えかけてはいたが、ダーイはシンドゥーラに対し共和国は必ず増援を送るはずだと訴えた。しかしトワイレック達はそれを信じることが出来ず、このままでは直に分離主義者達の侵略を許すと考え、そこから逃げようとした。しかし、キーリーはシンドゥーラに対し、移動は自殺行為であり一緒に戦うしかないと説明したのだった。[1]

トワイレック達は撤退の準備をしているところであったが、共和国軍のガンシップには彼らと家族全員は乗り切れないことがすぐに露呈する。するとダーイは代替案として、ガンシップの燃料システムに手を加えることで爆弾として用いることを提案した。爆発によって峡谷を崩壊させることが出来れば、彼等の位置に至るルート2つを1つに絞ることが出来る。ダーイは共和国軍が峡谷を防衛する間に、トワイレック達が山を超えて逃げることが出来ると述べた。キーリーはその計画を賞賛し部下に命令を伝えた。[1]

Ima-Gun Di for the Republic

ライロスで独立星系連合軍と対峙し最後の突撃を仕掛けるダーイ

クローン部隊の準備が整うと、シンドゥーラの部下であるゴビ・グリーは共和国に見捨てられた事に対するシンドゥーラの憤りをダーイに伝えた。ダーイは絶望しないように伝える事をグリーに頼むと、トワイレック達を急がせた。彼とクローン達だけではそう長く足止めすることは出来ないからだ。それから彼はキーリーに独立星系連合軍を足止めさせる準備が整っているか確認するよう命じた。ガンシップの爆破による峡谷を崩壊は成功し、計画通り独立星系連合軍とダーイの部隊は残された山峡で衝突した。[1]

LastStandOfImaGunDi-SL

増援を待ちながら、たった一人で独立星系連合軍に立ち向かう死に際のダーイ

キーリーがまず死亡するが、ダーイの所にライロスへの支援物資を積んだ共和国のフリゲートが封鎖線を突破したと連絡が入る。彼はトワイレック達が生き延びることに喜びながら、数発のブラスター弾をライトセーバーで逸らす。しかし、その後の攻撃を防ぎきれず、複数の弾が胴を直撃し、彼は戦死した。ライロスの戦いは彼の死後も続くが、ダーイの犠牲による功績もあり最終的には共和国が勝利を収める。[1]

登場作品

参考資料

脚注

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。