FANDOM


「もう時間が無い。早くしないとアイバーの住民がもたない」
ケイナン・ジャラス[出典]

アイバー(Ibaar)は銀河系アウター・リム・テリトリーに属す惑星である。帝国時代、アイバーは銀河帝国の弾圧によって食料危機に直面した。

歴史

4 BBY銀河帝国はアイバーを封鎖し、惑星住民の労働時間を2倍にして食料供給を減らした。鉱夫イーシュ・ファムは仲間を救うため地下ネットワークを組織し、反乱ネットワークに連絡を取ってアイバーへの食糧支援を求めた。ヘラ・シンドゥーラ率いるフェニックス中隊がアイバーに駆け付けた時、惑星はエージェントアレクサンドル・カラス帝国軍艦隊によって封鎖されており、反乱軍は輸送用のCR90コルベットを失って敗走を強いられる。その後、反乱軍はシャンティポールで手に入れたBウイング・スターファイター試作型を使って2度目の攻撃を行い、援助物資の投下に成功した。

0 ABY頃、反乱同盟ルーク・スカイウォーカーハン・ソロは飢餓に苦しむ惑星アイバーにナーフを密輸した。

アイバーはやがて新共和国の傘下に加わった。34 ABYファースト・オーダープロパガンダ放送でアイバーの食料危機が報じられた。

登場作品

参考資料