FANDOM


アイソアへの侵攻』(原題:Dark Tide II: Ruin)は、マイケル・A・スタックポールによる小説作品。ニュー・ジェダイ・オーダー・シリーズの3作目で、暗黒の潮流2部作の第2弾。富永和子訳。2000年8月ソニー・マガジンズから発売。

原書

『アイソアへの侵攻』の原書、『Dark Tide II: Ruin』は2000年6月6日に発売された。原書のカバー・イラストを担当したのは、シリーズ前作と同様ジョン・ハリス

出版社による作品紹介

上巻裏表紙

謎に満ちた侵略者ユージャン・ヴォングは、ルークたちの必死の抵抗をものともせず、猛攻の手をゆるめなかった。彼らにとって、これは神の意志に従った聖戦なのだ。苦痛や死を恐れぬ種族――奇怪な敵を知ることに、戦いを避ける糸口を求めて、カーマスの大使エレゴスは敵陣に乗り込む。一方、レイアは帝国の協力をあおぎ、ペレオン提督のもとへ向かった。銀河を襲う新たなる脅威を描くスター・ウォーズ小説シリーズ最新作。

下巻裏表紙

血で血を洗うような壮絶なる戦いの日々がつづく。侵攻するユージャン・ヴォングの次なる標的は平和な惑星アイソアだった。今こそ銀河は一丸となって敵にあたるとき。しかし、敵は外にいるとは限らない。友を失い、満身創痍で戦うジェダイだが、新共和国の人々の彼らに対する不信は募るばかりだった。そして、この戦いを機に、新共和国、帝国ともに不満の芽が次々と噴きだす。銀河はまさに、崩壊の序章を迎えようとしているのだった!

あらすじ

銀河系の外からやって来た種族、ユージャン・ヴォングは、ルーク・スカイウォーカージェダイ新共和国の抵抗もものともせず猛攻をしかけていた。ユージャン・ヴォングの司令官、シェダオ・シャイは、ジェダイに個人的な恨みを持っていた。彼の祖父、モンゲイ・シャイの遺体をジェダイに無礼に扱われていたのである。そのシャイ司令官のもとを、新共和国の元老院議員エレゴス・アクラが訪れた。アクラは新共和国の特使として彼らと平和的な交流を望んだ。シャイはこの議員と多くの会話を交わし、お互いに相手の文化を知る。だが、アクラがシャイの復讐対象であるジェダイ個人と親しい仲であることを知った司令官は、そのジェダイの名前を聞きだした後にこのカーマシの議員を殺害した。

一方、シャイの標的であるコラン・ホーンは、ジェイセン・ソロガナー・リソーディとともにガーキでユージャン・ヴォングと戦い、驚くべき新事実を発見した。敵の戦士のよろいに使われているヴォンドーム蟹は、アイソア原産の植物、バッフォーの木に反応して激しく痙攣するのだ。これは、ヴォンドーム蟹を身にまとう戦士にとって致命的な効果を上げるのである。 平和を好むアイソリアンの出身地、森林の惑星アイソアはユージャン・ヴォングの次の標的に選ばれた。新共和国防衛軍トレイスト・クレフェイインペリアル・レムナントギラッド・ペレオン提督と協力してシェダオ・シャイ率いる軍隊と戦った。また、チス・アセンダンシーからもジャグド・フェルたちが新共和国側に派遣され、アイソアの戦いで戦った。

シェダオ・シャイはエレゴス・アクラの頭蓋骨を飾り、ジェダイ・ホーンにメッセージを送った。これに対し、ホーンは惑星アイソアを賭けた1対1の決闘をシャイに求めた。シャイこの決闘に応じ、ふたりはルークとシャイの副官デイン・リアンが見守る中戦い、ホーンが勝利を収めた。だが、シャイの副官は約束を破り、アイソアを生物兵器で荒廃させてしまった。新共和国は敵軍の<レガシー・オブ・トーメント>を破壊するが、とても手放しで喜べる勝利ではなかった。結果的に平和の星は滅び、コラン・ホーンは新共和国市民の非難を浴びてニュー・ジェダイ・オーダーを去っていった。

登場人物・用語


ニュー・ジェダイ・オーダー・シリーズ
新たなる脅威暗黒の潮流アイソアへの侵攻英雄の試練ジェダイの失墜
バランス・ポイント征服復活猟獣陥落暗黒の旅路レベル・ドリーム魔都潜入
反逆者運命の道レムナント逃亡者再会最後の予言迷走統合
短編 (未邦訳)
Recovery · Emissary of the Void · The Apprentice · Or Die Trying

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki