FANDOM


アイズ・オブ・レボリューション~革命の眼』(原題:The Eyes of Revolution)は、『スター・ウォーズ ビジョナリーズ 新たなる伝説』に収録されているコミック作品。

カリーシュ軍将だったグリーヴァスが、分離主義勢力ドロイド・アーミーの冷酷なサイボーグ将軍となるまでを描いた作品である。タイムラインは、クローン大戦が始まるより少し以前に設定されている。

あらすじ

銀河共和国には分裂の兆しと、不穏な空気が立ち込めていた。丁度時を同じくして、首都コルサントよりはるか彼方、アウター・リムに位置する惑星カリーでは、爬虫類型ヒューマノイド種族カリーシュとその近隣に住む昆虫型種族のハクが、激しい戦いを繰り広げていた。

しかし、この戦いに介入した共和国とジェダイは、カリーを見捨ててハクの味方をしていた。カリーシュの最後の希望であるキュメイン・ジャイ・シーラル軍将は、シャトルに乗り、いつものように戦場へ向かおうとしていた。しかし、シャトルは何者かの破壊工作によって墜落した。助け出されたシーラルは、そのままインターギャラクティック銀行グループの会長サン・ヒルの元へ運ばれた。

バクタ・タンク内で目覚めたシーラルは、サン・ヒルの口からジオノーシスへ移送されることを知らされた。祖国を離れて、戦線を独り離脱することになるこの事態に激怒したシーラルだったが、サン・ヒルは言葉巧みにカイメインの心を落ち着かせようとした。

しかし、この墜落事故にはなんとセレノー出身のシス卿ドゥークー伯爵を始めとする分離主義勢力が関わっていたのだ。ジオノーシスに赴いた伯爵は、ポグル・ザ・レッサー大公に会い、ジェダイ・マスターサイフォ=ディアスの凍結保存された遺体を進呈し、クローン大戦の到来を告げた。また、ドゥークーによれば、負傷したカリーシュの男こそ来たるべき戦争の重要人物になると言う。

一方、サイボーグ化に同意したシーラルは、かつての自分と引き換えに高度な戦闘技術や強靭な身体を手に入れた。こうしてグリーヴァス将軍が誕生した。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki